お月見を子どもに説明。由来を子ども向けに?十五夜を子どもに話す

もうすぐ、お月見の時期ですね。
子どもにお月見に関して尋ねられたときに、
あなたはどのように返答すればいいのか分かりますか。
お月見について、子どもにそのまま伝えても難しい話になりそうで、
子どもに伝えるには話をかみ砕かなくてはなりません。

そこで、この記事では、お月見に関して子どもたちの純粋で鋭い質問に、
分かりやすく答えられるような説明方法をご紹介します。

お月見を子どもに説明

そもそもお月見とは、
旧暦8月15日に月を鑑賞する行事のこと。
その際、お団子やお餅、ススキや里芋などをお供えし月を眺めるんです。

お月見に関してはこちらの記事をチェック!
お月見の由来と意味は?お供え物の意味は?いつまでするの?

なので、まず「お月見って何?」と聞かれたら、
『お団子やお餅を供えて、月を見ることだよ』と説明するといいですね。

お月見の由来を子ども向けにすると?

スポンサーリンク

次に、お月見の由来に関してですが、
実のところ、お月見の由来は明確になっていないんです。
しかし、有力な説があるので、そちらをご紹介しますね。

昔、中国では、お月見の日に、里芋の収穫祭が行われていました。
その後、中国の宮廷行事としても収穫祭が催され、
それが日本に伝わったとのこと。
つまり、秋の収穫に感謝するためのお祭りなんですね。

なので、「どうしてお月見するのと?」聞かれたら、
『秋に美味しい果物や野菜を食べられることに感謝するためだよ』と説明するといいですね。

お月見の十五夜を子どもに話す方法は?

次に十五夜に関してですが、
十五夜とは、先ほどお話しした旧暦8月15日に月を鑑賞する際の月のこと。
「中秋の名月」や「芋名月」とも呼ばれます。

なので、「十五夜って何?」と聞かれたら、
『お月見をするときの月の名前のことだよ』と説明してあげましょう。

まとめ

お月見の大切なポイントだけを、噛み砕いて説明することで、
かなりわかりやすくなりますよね。
せっかく子どもがお月見に興味を示してくれたのであれば、
是非このような説明方法を参考に、お月見に関してお話ししてあげましょう。

こちらの記事も要チェック!
お月見の由来と意味は?お供え物の意味は?いつまでするの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする