敬老の日の意味と由来は?お祝いは何歳からなの?何をするの?

9月にあるイベントの一つに「敬老の日」がありますよね。
そもそも敬老の日とは何か知っていますか?
意味や由来など、意外と知らない人は多いのではないのでしょうか。
この記事では、敬老の日の起源、お祝いは何歳からするのか、
何をするかなどをご紹介しますね。

敬老の日の意味と由来

敬老の日とは、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」として
法律で定められた日のこと。
「目上の人を大切にする」という、日本人らしい考え方が表れていますよね。

では、どうして敬老の日が誕生したのでしょうか。

敬老の日は、兵庫県多可郡野間谷村(今では多可町)で行われていた
「としよりの日」が始まり

その狙いは、【お年寄りを大切にし、彼らが持つ知恵を借りて村を作ろう】というもの。

農業が落ち着き、気候も安定した9月15日を「としよりの日」と定めました。

この習慣は、1950年に兵庫県全体に広まり、その後全国展開へ。
しかし、「としより」という表現に良くないとのことから、
1964年に「老人の日」、更にか1965年には「敬老の日」と名が変わったんです。

別の説では、聖徳太子が身寄りのないお年寄りのために、
今でいう老人ホームを建設した日が9月15日のため、
この日を「敬老の日」としたとも言われていますよ。

敬老の日は2003年以降少し期間に変更が出ていたことをご存知ですか?

9月15日は、老人福祉法で定められている「老人の日」。
9月15日~21日は、老人福祉法で定められている「老人週間」。
9月の第三月曜日は、祝辞法で定められている「敬老の日」なんですよ。

「老人の日」と「老人週間」は、福祉への関心と理解、そして向上を意味。
「敬老の日」はその名の通り、お年寄りを敬うことを意味。

「敬老の日」は、時代の流れに沿って、意味や名前が変化してますね。

スポンサーリンク

敬老の日の祝いは何歳から?

老人福祉法では、老人は65歳以上とされています。
WHOも65歳以上を高齢者としているので、
一般的にはこの年齢がお年寄りとされています。

しかし、現代では、年齢問わず、お年寄り扱いを嫌う人もいますよね。
そのため、「敬老の日」のお祝いは、何歳からというよりかは、人によるかなと思います

敬老の日に何をする?

一番嬉しいのは、敬老の日を一緒に過ごせることではないでしょうか
物をたかってくる人がいたら、敬老の日の意味を教えてあげましょう。

一緒に過ごせるのであれば、食事をともにしたり、旅行したり、
お出かけをするといいですね。

一緒に過ごせない場合は、何かプレゼントをしたり、
手紙を書いて日ごろの感謝などを伝えてみてはいかがでしょうか。

近年、嫁姑問題が多くありますが、
まずは本来の敬老の日の意味をしっかり考える必要がありますよね。

欲しいものをおねだりできる日ではありませんから。

感謝を伝えるうえで、ベストな方法を見つけてみましょう。

まとめ

敬老の日に関して、ご理解いただけましたか?
意外と歴史がありますよね。
今年の敬老の日に、あなたは何をしますか?
今一度、この記事を参考に、考えてみてくださいね。

こちらの記事も要チェック!
敬老の日のプレゼントは義両親に贈る?贈り物の定番は?手紙は必要?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする