9月1日が防災の日なのはなぜ?何をする?イベント2019年は?

9月1日は防災の日ですよね。
そもそも、なぜこの日が防災の日であるのか知っていますか?
防災の日と言われても、何をするべきなのか戸惑いますよね。
そこで、この記事では、防災の日の由来や何をするべきなのか、
2019年の防災の日にまつわるイベントに関してご紹介しますね。

9月1日が防災の日なのはなぜ?

そもそもなぜ9月1日が防災の日になったのか。
理由は主に3つあるんです。

➀1923年(大正11)年9月1日に「関東大震災」が起きたから
➁9月は台風が多い時期だから
➂1959(昭和34)年9月26日に発生した「伊勢湾台風」→この翌年に防災の日制定

また、防災の日後の約1週間は「防災期間」とされているんですよ
2019年の防災期間は、8月30日(金)~9月5日(木)。

この期間は、防災を意識して過ごしてみてはいかがですか?

防災の日に何をする?

防災の日から防災週間に何をするべきなのか。
まずは、防災訓練
学校、職場、家など、自分の置かれている環境で地震が起きたらどうするのか、
しっかり訓練するべきだと思います。

また、私も日ごろから考え集めていますが、備蓄すること
これはとても大切。
お子さんがいる方はなおさら。
子どもはお腹が空いたら我慢できません。
オムツやミルクなど、しっかり備蓄しておきましょう。
女性の方ですと、生理用品などデリケートなものの備蓄は怠れないですよね。

スポンサーリンク

防災訓練と備蓄品の確認。
この二点は必ず行ったほうがいいと思います。

防災の日のイベント2019

全国各地で防災の日のイベントが行われると思いますが、
ここでは東京と大阪の2019年防災の日イベントをご紹介。

【大阪】

大阪では、880万人訓練が9月5日(木曜日)11時から行われます
内容としては、大地震、津波を想定し、大阪府にて、
携帯のエリアメール(緊急速報メール)や屋外スピーカーなどで、
災害発生を知らせ、各自で避難訓練。

目的は、大阪府内の1人ひとりが、災害時の備えを考え、実際に行動し、再確認すること。

大阪府の企業や学校では、これ合わせて避難訓練を行う場合が多いですよ。

【東京】

東京では「しんじゅく防災フェスタ」が2019年9月2日に行われます
場所は、都立戸山公園内「新宿スポーツセンター」。
入場料は無料。誰でも参加可能なので、毎年約3,000人が参加。

イベントの内容としては、災害時に活躍する救急車やはしご車、消防車両などが見れたり、
大きな揺れが体感できる「起震車」などを体験することができるんですよ。

「しんじゅく防災フェスタ」では、様々なプログラムが用意されているので、
楽しみながら、防災を体感できるはず。

その中でも、子ども向け防災体験「イザ!カエルキャラバン!」は、
防災プログラムを体験するとポイントがゲットでき、
ポイントが貯まるとおもちゃと交換できるんですよ。
なので、子供にとっては楽しく防災訓練を経験できますよね。

あなたも、防災の日に、防災に関するイベントに参加してみてはいかがでしょうか?

まとめ

防災の日は、真剣に防災に取り組むいい機会。
今まであまり防災を意識していなかったあなた。
今年から、防災意識を高めてみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする