体育の日がスポーツの日になる理由は?由来と意味は?何する?

10月の祝日といえば「体育の日」。
ですが、この「体育の日」が「スポーツの日」に変わるという話がありますよね。
どうして名前が変わってしまうのか知っていますか?
また、そもそも「体育の日」の由来と意味、この日に何をするべきなのかも疑問ですよね。
そこで、この記事では「体育の日」に関してご紹介します。

体育の日がスポーツの日になる理由

理由としては、
「スポーツ」のほうが自主的・自発的に楽しむという表現につながりやすい
「スポーツ」という言葉のほうがグローバルである

「体育」という言葉は、英語でも日本語でも、学校教育の場の授業や科目を意味しています。
一方で、「スポーツ」は、運動・競技・レクリエーション・ゲームなど、
幅広い分野のことを表しているんですよ。

英語で体育祭はsports festivelと言われていますし、
「体育」よりは「スポーツ」のほうが、世界では一般的な言葉なんですよね。

また、2020年に行われる東京オリンピックを大きな転機とし、
名前を変えようということなんです。

ちなみに、他にも名前が変わるところがあり、
日本体育協会→日本スポーツ協会
国体→国民スポーツ大会(2023年から)
となります。国体に関しては、驚きですよね。

体育の日の由来と意味

スポンサーリンク

1964年10月10日、この日は東京オリンピックの開会式。
これを機に、2年後の1966年10月10日から、
【国民がスポーツに親しみ、健康な心身を培うこと】と目的に、
「体育の日」が制定・施行されたんです

2000年から、ハッピーマンデー制度(祝日を月曜日にし3連休にするという法律)によって、
10月の第2月曜日が「体育の日」となりました。

「体育の日」は、オリンピックの影響で生まれたということなんですよ。

体育の日は何する?

やはり「体育の日」ですから、運動がいいのではないでしょうか?
例えば、日ごろやりたいなと思っている運動を始めてみるとか。
私の場合は、ヨガを始めたいなと思っています。
今では、家でも体を鍛えることができますよね。
トレーニング用品やウェアを買って、自宅で始めるといいかもしれません。

また、お子さんがいる場合は、一緒になってできるスポーツをやってみる。
例えば、キャッチボール、自転車の練習、バドミントン、公園で遊ぶなど。
そこから、お子さんの興味の範囲が広がるかも。

あとは、地域の運動会に参加してみたりと、
体育の日ならではのイベントに顔を出すのもいいですよね

「体育の日」をきっかけに、日ごろの運動不足を今一度見直してみてもいいんではないでしょうか。

まとめ

「体育の日」に関して、ご理解いただけましたか?
オリンピックと深いつながりのあるこの日。
せっかくの祝日なので、是非スポーツや運動を楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする