パナソニックのドライヤー修理は電話で?料金はいくら?結果は?

私はパナソニックのドライヤーをかれこれ5.6年ほど使用しています。
このドライヤーは、ただのドライヤーではありません。
主人とお付き合いをしているころ、初めてもらった誕生日プレゼントなんです。
そのため、とてもとても大切にしていました。

しかし、そのドライヤーが1ヶ月ほど前、突然の故障。
私が髪を乾かし終わり、そのまま娘の髪を乾かそうと思い、
コンセントに刺したまま電源を切って置いておきました。
ですが、その後、電源が急に入らなくなったんです。

すごくショックで、落ちこみました。
「新しいドライヤーを買おう」そう思い、主人に相談したところ、
『修理に出せないの?』と一言。

その手があったかと思い、すぐにパナソニックのドライヤー修理に向けて動き出しました。今そのドライヤーは、風が見違えるほどよくなり、引き続き使用できています。

そこで、今回は、パナソニックのドライヤーが壊れた場合の修理に関して、ご紹介しますね。

パナソニックのドライヤー修理は電話で?

パナソニックではドライヤーだけにとどまらず、
パナソニック商品全般の修理を受け付けています

私はまず、インターネットでパナソニック ドライヤー 修理と検索。
すると、パナソニックの修理に関するサイトが出てきました。

そこから修理の申し込みをするわけですが、方法は3つ。
①HPの専用フォームから修理を申し込む
②電話(この電話は修理ご相談窓口なので、必ずしも修理申し込みができるとは限らない)
③FAX(出張修理申込書を印刷し送付)

私は①の方法で修理を実施しました。

修理を申し込む前に確認してほしいのは、修理品の品番。
私のドライヤーの場合、品番は【EH-NA05】。
子の品番を入力するところから始まるので、事前にチェックが必要。

パナソニックのドライヤー修理は料金いくらなの?

ドライヤーの修理料金は3種類。
・5,800円(税抜き)
・4,100円(税抜き)
・3,500円(税抜き)

スポンサーリンク

この3つの金額の修理は通常修理での金額。
これにプラス、送料が含まれます。
(梱包は地震で行う必要あり。
送料は保証期間内であれば、パナソニックが負担してくれますよ)

そのため、直せない場合や、通常修理に含まれない故障の場合は、
これらに当てはまらないのだと思います。

修理に出す前に、修理診断ナビという機能で、修理金額の目安を知ることができるので、
そちらを活用することがおすすめ

パナソニックのドライヤーの修理結果は?

修理の結果、モーターブロックとヒーターブロックをそれぞれ1個ずつ交換し、
ドライヤーの風がかなり良くなって帰ってきました。

私の修理費用は、
【修理定額料金】5,800円
【消費税】464円
【宅配サービス料金】637円(税込み)
【合計】6,901円(税込み)+修理品を置く際の送料

私はこの金額を打倒もしくは安いと感じました。
この金額で、また大切なドライヤーを何年も使えるのであれば、
コスパは良いのではないでしょうか。

また、今回初めてパナソニックに修理を出してみて、
非常に好感が持てたんです。

《理由①対応が早い》
荷物を出し、翌日にはパナソニックの修理工場に到着。
到着したメールが届いたのが午前10時過ぎだったのですが、
その日の15時過ぎには、修理が完了し出荷完了というメールが来ていました。
このスピードには、かなり驚きましたね。

《理由②メール対応が親切丁寧》
メール対応が素晴らしいんです。
まず、初めに「パナソニック修理サービス受付完了のお知らせ」がメールで届きました。
そこで自分が申し込んだ内容が確認できます。
その次に、「Web修理受付・宅再サービス 修理品発送の手続きについて」のメールが届き、
そこに修理品の送付先が載っています。(このメールを印刷して修理品を梱包する際に、中に入れる必要があります)
その後、修理品が無事に届いたというメールが届き、修理品出荷完了のお知らせメールが来ました。

メール内容は淡々としていますが、修理申し込みの流れが非常にスムーズになるメールなんです。そのため、修理品発送から修理完了まで、かなりわかりやすかったですよ。

このことから、また何か電化製品を買うときは、パナソニックにしたいなと思いました。

まとめ

もし今あなたの手元に、パナソニックの壊れたドライヤーがあったとしたら、
捨てるのは待ってください。新しいものを買うのも待った。
そのドライヤー、買うよりも安く修理してもらえるかもしれませんよ。
是非、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする