ハロウィンゲーム大人向けは?子供向けは?赤ちゃんは?

ハロウィンの季節は、なんだかワクワクしますよね。
コスプレを楽しむ人が多いですが、
ハローワークにちなんだゲームを楽しむのはいかが?
この記事では、大人から赤ちゃんまでが楽しめる、
おすすめのハロウィンゲームをご紹介します。

ハロウィンゲーム大人向けは?

【Monster Match-Up】
このゲームは、自分と同じカテゴリーの仲間を見つけるゲーム。

①まず、チーム名(カテゴリー)を決めます。
例えば、ハロウィンに関する名前だと、ドラキュラ・狼人間・ゾンビ・魔女など。

②チーム名が決まったら、そこから連想される言葉や単語を1枚ずつ紙に書く。
例えばチーム名がドラキュラの場合、マント・太陽が苦手・好物は血・十字架など。
そして、その紙を、1人一枚引く。

③自分の引いた紙に書いてある言葉を見て、どのチームに属するか考えます。そして、自分と同じグループの仲間を見つけます。

このゲームは、早く仲間を集めたチームの勝ち。


【Halloween Mystery Box】

このゲームは、アメリカで人気のハロウィンゲーム。

①まず怖い話をする。
②その後、箱に体の一部だと思えてくるような材料を用意し、順番に回す。
③順番に箱を回し全員に触ってもらったら、中身が何か考えてもらう。日

怖い話ってどんな話がいいの?ということですが、
アメリカでよく使われる怖い話しが「The Dead Man」。

その内容は、
「ハロウィンの夜、恐怖のために死んだ男がいました。
その男の名はブラウン。彼は、かつてこの恐ろしい街に住んでいました。
ブラウンが死んで、長い年月が過ぎました。
そして今日、彼の死体は彼の墓から掘り起こされたのです。
その彼の死体の一部がここにあります。」

箱を回すときのセリフとの中身に用意するものは、
・彼の髪の毛→濡れた毛糸や糸
・彼の目は驚いて凍っていますよ→皮をむいたブドウ
・ここには彼の心臓が→ゆでたトマト
・彼の肌のほんの一部→餃子の皮
・彼の体にいたウジ虫→茹でて短く切ったスパゲティ

このように、怖い話と箱の中身が、うまくマッチすれば、
かなり興奮するゲームになりますね。


【Battle of the Balloons】

これは、チームまたは個人で戦う風船割りゲーム。

①まず、風船を人数分用意し、片方の足首に紐で結びつける。
紐の長さは公平になるよう全員同じにしてね。

②その後、足だけを使って、相手の風船を割る。

制限時間が過ぎても最後まで風船が残っていた人が多いチームの勝ち。
このゲームは、風船とひもだけでできるので、手軽でいいですよ。

スポンサーリンク

ハロウィンゲーム子供は?

【福笑い ハロウィンバージョン】
日本人ならではの遊びの一つである福笑い。
その福笑いの顔や目・鼻・口を、
ジャックオーランタンにするゲーム。

とてもシンプルなゲームですが、
子どもは真剣にやってくれますよ。

ゲームが終わったら、出来上がった顔と記念撮影もいいですね。


【お化けは誰だ!】

おばけ役の子を一人決めます。
その子にシーツをかぶせ、中に誰が入っているかを
当てるゲーム。

このゲームもシンプルで簡単ですが、
人を当てるというのは、子供は大好きなのではないでしょうか?

シーツにお化けの顔などを書いて、ハロウィンらしさも増しますよね。


【ミイラに変身】

このゲームも簡単。
トイレットペーパーを使い、ミイラ役の子の体に
巻きつけていくゲーム。
トイレットペーパーを巻きつけるのは、意外と難しいので、
子供と大人で一緒に行うといいですよ。

ハロウィンゲーム赤ちゃんは?

【ジャックオーランタン風船遊び】

オレンジ色の風船を使って、黒いペンなどで、
ジャックオーランタンのようにしあげます。
その風船をポンポン投げて遊ぶというもの。
風船なら、赤ちゃんにあたっても安心ですし、
ジャックオーランタンに見立てているので、
ハロウィンの雰囲気が出ますよね。


【ハロウィントンネル】

ダンボールでトンネルをつくります。
そのトンネルに、ハロウィンらしい装飾をすればOK。
ハイハイ盛りの赤ちゃんは、トンネルに大喜びするのではないでしょうか。


【仮装】

赤ちゃんの仮装は、大人とは一味も二味も違いますよ。
なぜなら、赤ちゃんだから似合う仮装があるから。
我が子に仮装させて、記念撮影。大人にとっては、これが一番盛り上がりますよね。

まとめ

ハロウィンには、楽しいゲームがたくさんあります。
仮装ばかりではなく、ハロウィンゲームで、
よりリアルなハロウィンを味わってみてはいかがですか?

こちらの記事も要チェック!
ハロウィンのゴミ問題は?ゴミ袋はないの?ゴミ拾いする?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする