産後甘いものが食べたいのはどうして?ダメなの?おすすめは?

私には子供が二人います。
下の子は現在生後半年。絶賛授乳中です。
そんな中、産後ってかなり甘いものを欲しませんか?
妊娠する前はそれほど甘いものを欲さなかったにもかかわらず、
産後はかなり高い頻度で、甘いものが食べたくなります。
この記事では、産後どうして甘いものが食べたくなるのか、
甘いものを食べてもいいのか、食べるなら何を食べたらいいのか、
私の経験を踏まえてご紹介しますね。

産後甘いものが食べたいのはどうして?

甘いものが食べたくなると、よく言われるのは「疲れ」
確かに、育児は楽ではないので、その理由は一つあると思います。

しかし、理由はその他にもあります。
私は、現在進行形で産婦人科のおっぱいマッサージに通っています。
そのため、育児のことなど気になることは助産師さんに質問するのですが、
なんでも、甘いものが食べたくなる原因には、疲れなどの他にも、
自律神経のバランスが崩れによる血糖値の低下、または、食欲中枢がうまく機能していないということもあるみたいなんです。

産後の女性の体は、本調子にはいきませんよね。
そのため、甘いものが食べたくなることは、いたって不自然なことではないんです。

産後甘いものはダメなの?

では、甘いものが食べたくなったら食べてもいいのか。
答えは「食べるものによる」ということ。

例えば、ケーキやチョコレートなど、お砂糖を多く使用しているものは、
あまりいいとわ言えません。
特に、母乳育児をしている方には、おすすめできないんです。
では、甘いものが授乳中に良くない理由を見ていきましょう。

①母乳の味が落ちる
母乳はお母さんの食べたものが、血液となり、それが母乳となりますよね。
美味しい母乳を作るためには、おすすめは和食。
しかし、甘いものや脂っこいものを食べすぎると、
母乳がしょっぱくなり、赤ちゃんはまずいと感じます。

それによって、母乳を急に飲んでくれなくなってしまったなんでことも。

②乳腺炎などのトラブルが起こるかも
甘いものや脂っこいものを食べすぎると、
母乳の味が落ちるだけではなく、乳腺が詰まってしまうことも。
じつは、私はチョコレートによって、おっぱいの中に大きなしこりができたことがあります。
それによって、赤ちゃんがおっぱいが飲みづらくなり、
嫌がったり、乳首をかんだりしていました。
その際、すぐに母乳外来に行き、しこりを取ってもらい、
さらに古い母乳を出してもらったら解決。
ひどい人だと、甘いものを食べてすぐに乳腺炎なんてことも。
その人の体質にもよりますが、甘いものや脂っこいものは、トラブルを招きやすいんですね。

③体が冷える
砂糖の中に白砂糖というものがあります。
これは体を冷やす作用があるので要注意。
体が冷えると、乳腺炎などのトラブルが起こりやすくなりますよ。

④太る
単純に太ります。母乳だから太らないは嘘。
甘いものばかり食べていると、太りますよ。

産後甘いもののおすすめは?

スポンサーリンク

私と私の助産師さんが絶賛するおすすめの甘いものがあります。
それは『黒糖』

どうして『黒糖』がおすすめなのかというと、
黒糖の糖分はブドウ糖として体に吸収されます。
そして、それがエネルギーに変わるので、疲労回復効果が期待されるんです。

黒糖は、甘味料としてだけではなく、昔は栄養価が高いことから、病気を治すための
治療薬にも使われていたんですよ。

また、黒糖に含まれる「フェニルグルコシド」という成分に、
糖の吸収を抑える作用があるんです。そのため、白砂糖よりも黒糖は、
血糖値が上がりにくく、腹持ちがいいんです。

そして、産後に必要なビタミンやミネラルも多く含まれているので、
甘いもの食べたいという欲が満たされ、さらに必要な栄養素も取れちゃうんです。

そして、黒糖は、生理痛や冷え性にも効果があるんですよ。

ここで、一つ注意があるんですが、黒糖を買う際に、加工黒糖を選ばないこと。
加工黒糖とは、黒糖にショ糖や廃糖蜜などを加え、成分調整したもの。
そのため、栄養素が高い黒糖がおすすめです。

先ほど言った、ケーキやチョコレートなどがダメな理由は、
白砂糖が多く含まれているから。また、白砂糖は黒糖よりも栄養素が劣っているので、
おすすめできないんです。

私は、家に黒糖をストックしてありますが、
黒糖といえば沖縄。そして、沖縄のいろいろな地域で黒糖は生産されています。
驚きなのは、生産地によって、味や見た目が異なること。

私がおすすめの黒糖は西表島の黒糖
食べやすい四角サイズで、味もおいしいですよ。

私おすすめの黒糖はこちら↓

西表島産 沖縄のひとくち黒糖 110g 個包装【2個までメール便発送可】

価格:324円
(2019/7/4 21:30時点)
感想(0件)

甘いものが食べたくなったら、黒糖を口に含めば、
甘いものが食べたい欲は満たされ、栄養も取れる。
一石二鳥ですよね。
黒糖はお茶うけにおすすめなので、
十月十日前のカラダを取り戻す!
産後ダイエットサポートティーの【ととまえ茶】
と一緒に。

授乳期から安心して始められる、
母乳育児中のママ向けブレンド、嬉しいノンカフェインなんですよ。

ただし、黒糖が体にいいからと言って、食べすぎは禁物。
何事もほどほどに。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
甘いものが食べたくなるのは、仕方ありません。
我慢すると、かなりストレスになりますよね。
だったら、体にいい甘味料を摂取しませんか?

私は今のところ、黒糖で母乳トラブルは起きていません。
寧ろ、甘いものが食べたいときに黒糖を食べると、体調が安定します。
是非試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする