貿易実務検定c級の難易度は?テキストのおすすめは?勉強方法は?

私は貿易実務検定c級を取得しています。
当時、貿易事務の仕事をしており、
上司から、貿易実務検定c級の資格を持っていたほうがいいと言われました。
そこで、私が感じた貿易実務検定c級の難易度、おすすめのテキスト、
そして合格に至った勉強方法をご紹介します。

貿易実務検定c級の難易度は?

貿易に関して全く無知な方の場合、
1から勉強しなければならないので、難しく感じると思います。
しかし、既に、貿易関係の仕事に就いている方だと、
初めての内容に関しても、なんとなく理解できると思います。

私は、既に貿易事務の仕事に就いていたため、
知らないこともたくさんありましたが、
インボイスやBLなど、基礎的なことは既に理解していたため、
とても難しいと感じることはありませんでした。
また、英語が得意だったので、その点は得したかなと思います。

私はこの検定に1度落ちています。
しかも、たった1点が足りず。
これには参りましたが、恐らく私の勉強方法が悪かったため、
後ほど、受かるためのおすすめの勉強方法をご紹介しますね。

貿易実務検定c級テキストのおすすめは?

貿易実務検定のテキストって、あまり本屋さんでは見かけないんですよね。
しかし、世の中には、さまざまなテキストが販売されています。
その中で、私がおすすめするテキストは、貿易実務検定c級オフィシャルテキストです。


(写真は当時私が購入したテキスト)

スポンサーリンク

どうしてこのテキストがおすすめなのかというと、ここから問題が出題されるから。
名前の通りオフィシャルテキストなので、このテキストを作成している会社が、
貿易実務検定を開催しています。
ですから、このテキストが一番いいと思います。

私が購入した時は、写真の通り改訂1版ですが、現在は3版が最新のようです。
2018年度以降の試験対策には、2もしくは3版であれば対応可能のようなので、
中古品を購入する際は、注意してくださいね。

貿易実務検定c級の勉強方法は?

では、私が実践した勉強方法をご紹介します。


①まずは、テキストをじっくり読みこむ

テキスト全てを覚えることは、正直難しい。
ですが、なんとなく理解しながらなんとなくテキストを読みこめば、
なんとなく分かりますよね。始めは、この「なんとなく」が大切。


②過去問を解く

過去問もテキスト同様販売されていますが、
これは購入したほうがいいと思います。
(私は、幸い、会社に過去問を持っている人が何人かいたので、譲っていただきました)
どうして過去問がいいのか。
じつは、同じ問題が出る場合があるから。
実際、私が試験を受けたとき、過去問と同じ問題が出たんです。
なので、過去問を解くことは重要。


③間違えたところは、解説とテキストで理解を深める

どうして間違えたのか、しっかり理解しておけば、
同じ間違いはしませんよね。ミスを理解に変えて、
分からないことを1つずつ無くしていく。

④何度も過去問を解く

問題と答えを暗記してしまうくらい、過去問を解いてください。

私は1度試験に落ちています。
そのときは、勉強方法が間違っていました。
適すとばかりを読み込み、あまり過去問を解いていなかったんです。

上記の勉強方法に変えたところ、
英語は満点、実務も9割正解でした。

これから試験対策をするあなた、
是非参考にしてみてくださいね。

まとめ

貿易実務検定c級は、正しい勉強方法をすれば、
受かるはずです。
効率よく勉強し、1発合格を目指しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする