保育園の役員は育休中にやる?赤ちゃんはどうする?大変なの?

私は現在、娘(年少)の保育園で役員をしています。
ただ役員をしているのではなく、育児休暇中という忙しい日々の中での役員。
そこで、私の経験をもとに、どうして育休中に役員を引き受けたのか、
役員の仕事中赤ちゃんはどうするのか、役員の仕事は大変なのかについてご紹介します。

保育園の役員は育休中にやる?

娘の保育園は、年少・年中・年長から各2名ずつ役員が選出されます。
娘は1歳から保育園に通っているのですが、今年の2月頃に、当時の担任の先生から
役員のお誘いを受けました。

私は昨年12月に出産したばかり。しかし、役員をやってくれる人がなかなかいないので、
私に声をかけたそうです。
私の性格上、「誰もやる人がいないのなら、やろうかな」と前向きに考えるタイプなので、
先生にはOKの返事をしました。

はたから見たら、赤ちゃんがいるのに役員やるの!?と思いますよね。
実際、ママ友からも心配されました。
しかし、私には自分の前向きな性格以外に、もう1つ役員をやろうと思った理由があります。

それは、年少で役員をやることが一番楽だから。

娘の保育園は、1度役員をやると、その翌年から役員を断りやすい
(1度やればやらなくてもいい)というルールのようなものがあります。
もちろん、2回役員をやる人も中にはいますが、1回やれば断れる理由が明確。
また、年少は役員の中でも一番下のポジション。
つまり、会長や副会長は年長のママさんがやるので、年少の役員は、
比較的役員の仕事が楽なんです。

その理由から、私は「娘が年少の時に役員をやれば、息子が保育園に通いだしても役員をやらなくて済むな。」と考え、よしやるぞ!と思いました。

保育園の役員赤ちゃんはどうする?

役員を始めて4か月は経ちました。
月に1度、土曜日の午前中に、保育園の遊戯室を借りて、
役員だけで集まりがあります。

そのときは、我が子たちも連れていきます。
他の役員さんも子どもを連れてきていますよ。

赤ちゃんがいるのは私だけですが、
寝返り大好きな息子は、話し合い中、コロコロ転がっています。
寝ぐずりするしても、役員ママさんたちは、誰一人嫌な顔をせずあやしてくれます。
中には、赤ちゃんが好きで、毎回息子を寝かしつけてくれるママさんがいるんですよ。

スポンサーリンク

保育園の行事のときは、役員がお手伝いに入る場合があるんですが、
そのときは、役員をやっていないママ友が息子をみていてくれたり、
実母に預けたりしています。

赤ちゃんがいるのに役員なんて大変になるなと思っていましたが、
周りに恵まれたこともあり、今のところなんとかなっています。

保育園の役員は大変?

私は育休中なのでそれほど大変に感じません。
しかし、仕事に復帰していたら大変だっただろうなと思います。

今、私は役員の中で会計という仕事をしているのですが、
昼間動けるので、銀行周りに行けるし、必要な買い出しも可能。

赤ちゃん連れで役員をやっている以上、できることとできないことが明確ですよね。

例えば、夏祭りがあるのですが、そのときは夜7時過ぎまで
役員の仕事があります。
で私は息子を実母に預けるのですが、授乳などやらないといけないことがあります。
そのため、途中で帰らなければならないんです。

本当に申し訳ないと感じていますが、その分、他の役員ママがなかなかできないことを率先してやっています。

買い出し、お店で見積もりを取ってくる、次回の役員集会をいつにするのかラインでのやりとりをまとめるなど。
できることは、率先してやっているつもりです。

そのおかげか、私ができない仕事があると、いつもほかの役員ママが察してくれて、
「これは赤ちゃんいたら大変だから、やらなくていいからね」と声をかけてくれます。

赤ちゃん連れで役員をやるときに大切なことは、
・できないことはできないと素直に謝り断る
・できないことがある分、できることは自ら率先してやる
・助けていただいた際は、ちゃんと感謝を伝える

この3つだなと感じています。

もちろん、役員メンバーにもよりますが、
赤ちゃんがいるからできません~なんて最初から言っていたら、
なんでこの人役員引き受けたの?となりますよね。

できることできないことを明確にし、言葉よりもまず行動。
これが赤ちゃん連れで役員をやりやすくする近道かと思います。

まとめ

私は役員を引き受けてよかったと思っています。
役員を通して知り合えたママさんと、学年問わず仲良くなれました。
つい先日も、夏祭りで使ってと、娘のために浴衣と帯を貸してくれた年中と年長の役員ママ。
こんな素敵な人たちと知り合えただけでも、役員を引き受けた価値はありました。

まだまだ、役員の仕事はありますが、無理せず頑張ります!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする