完母にどうやってなった?気をつけることは?悩みはあるの?

私は現在生後7か月の息子を完全母乳で育てています。
息子はおかげさまでムチムチに成長。

でも、じつは私、3歳の娘の時に、母乳育児にとても悩んだ意見があるんです。
娘の時は、息子を出産した産院ではない場所で生みましたが、
母乳育児にあまり力を入れておらず、完母になるまでに時間がかかりました。

しかし、いざ完母になっても、娘の体重はなかなか増えず、本当に悩みました。
その経験を踏まえ、息子の出産は、母乳育児推奨の産院にしました。
すると、知らない母乳に関しての知識がわんさか出てきたんです。

そこで、この記事では、私の経験と産院で教えてもらった知識をもとに、
私が完母になった経緯、普段気を付けていること、
完母である私の悩みについてご紹介します。

完母にどうやってなった?

息子を出産し、翌日から授乳が始まりました。
その日から現在進行形で、私と息子は朝昼晩と3時間おきに授乳しています。つまり、1日8回授乳をしていますよ。
どうして3時間おきなのか。


・母乳量の安定

3時間おき授乳を続けているので、
頻回授乳をしなくても、毎回しっかりおっおぱいを飲めている息子。
夜間授乳は大変と思われますが、確かに眠いですよ。
今では、3時間おき授乳は、私の体もその生活リズムに慣れてしまったので、
さほど苦痛には感じていません。
それに、夜間は母乳の分泌が一番活発になるんです。
そのため、夜間授乳をなくすと、母乳量が減少してしまうかも。

・体重を増やすため

赤ちゃんが寝ているからと、授乳回数を減らしてしまうと、母乳量が減るの他に、赤ちゃんの体重にも影響が。上の子は、授乳回数の少なさと、頻回授乳でしっかり母乳を飲めていなかったことから、体重が増えなかったんです。しかし、息子の場合、現在生後7ヶ月で8.5kgと、しっかり体重が増えています。体重がなかなか増えなくて悩んでいる場合は、飲めている母乳量と、授乳回数を確認したほうがいいかもしれません、。


・赤ちゃんの生活リズムを整える

3時間おき授乳で、息子はだいたい2.5~3時間おきにお腹が空いたと泣きます。
もし、早い段階で泣いている場合は、おむつか抱っこなので、
どうして息子が泣いているのかも分かりやすいです。
夜間は、ほとんど泣きませんが、私は起こしてでも授乳していますよ。
起こすとはいっても、息子は眠たすぎて、片乳で終わることも。

よく、新生児期は頻回授乳と言われていますが、
私も娘の時にやっていたので、その大変さは身に染みて分かります。
頻回授乳は本当に辛い。私の場合、頻回授乳で母乳量が増えたとは感じませんでした。
むしろ、毎回満足に母乳を飲めず泣いている娘を見ることが辛かった。
なので、あくまで私の意見ですが、頻回授乳に関しては疑問に感じています。

それに、赤ちゃんが泣く理由は、毎回お腹が空いているわけではないですよね。
おむつだったり、甘えたかったり。
その欲を無視しておっぱいを咥えさせてしまうのもなんだかなと。

私は、初めから頻回授乳ではなく、3時間おき授乳で、完母になれました。
入院中は、初めから母乳がたくさん出ていたわけではありませんので、
おっぱいを咥えさせて、足りない分はミルクを足していましたよ。
でも、退院時には、かなり母乳が出ていて、完母でいけました。

完母になれたのは、授乳中、ずっとつきっきりで助けてくれた助産師さんたちのおかげ。
産院選びは重要だと思います。

完母で気をつけることは?

スポンサーリンク

気を付けていることは、まず食事
美味しいおっぱいを飲ませてあげたいので、和食中心にしています。
ときどき、洋食やカレーなども食べますが、本当に時々。
和食でなるべく摂取しているものは、ご飯と味噌汁。
味噌汁は野菜も取れ、味噌には栄養がたっぷり。
ごはんは、もち麦などを入れたりして、栄養価を高めています。
こだわりすぎることは難しいですが、ちょっとした意識で、
食事は整ってくるのかなと思います。

次に気を付けていることは、水分補給
母乳は水分量がかなりあるので、
ママが水分不足では、たくさん母乳が作られにくい。
たくさんお水などを摂取しています。
また、冷たい飲み物は体を冷やし、血流を悪くしてしまうので、
なるべく常温もしくは温かい飲み物にすることがおすすめ。
血流の流れも、母乳に関係してくるので。

次に、授乳に関しての気を付けていることは、
飲ませる前に、おっぱいマッサージ
おっぱいに基底部という部分があることをご存知ですか?
基底部とは乳房の土台のこと。
この土台の血流がいいと、母乳がしっかり出てくれます。
逆に、基底部の血流が悪いと、母乳はしっかり出てくれないんです。
なので、基底部をしっかり動かすマッサージを毎回していますよ。
左右上下を5回ずつ行っています。

その他に気を付けていることはマメな搾乳
授乳後に、私は搾乳を心掛けています。
理由は、赤ちゃんの飲み残しを、おっぱいにためないようにするため。
飲み残しがたまるとどうなるのか。
まずいおっぱいが赤ちゃんの口元に渡り、
急におっぱいを嫌がるようになるかも。
私は、一度この経験があります。
そのために、授乳後の搾乳は大切。

これらの気を付けていることは、私の日常に馴染んでしまったので、
大変とは思っていません。
しかし、初めは慣れないことばかりでてんやわんや。
でも、やっぱり1滴でも多く、息子に母乳を上げたかったので頑張りました。

同じ気持ちの方の参考になれば嬉しいです。

完母の悩みは?

私の完母になった悩みは、母乳量が多すぎること。
私のおっぱいは出がいいみたいで、特に右のおっぱいは、
授乳後も飲み残しが多い。そのため搾乳は毎回しています。
そのおかげか、乳腺炎にはなったことがありません。
しかし、しこりはできやすいですね。

授乳でイライラしてしますと、かなりのストレスになりますよね。
私も何度もその経験をしています。
なので、3週間に一度、母乳外来へ通っています。

でも、母乳外来って実費だし、痛い出費。
分かりますよ。私も初めはそう思い、
1度行かなかったことがあります。

その矢先に、息子おっぱい拒否事件。

泣く泣く母乳外来へ行くと、やはりしこりが。
しこりは、なかなか自分の搾乳では取り除けませんが、
助産師さんのおっぱいマッサージで見事に解決。
しこりのなかのまずいおっぱいが、息子のおっぱい拒否の原因だったみたいです。

それからは、お金のことよりも、息子の成長のためと思い、
母乳外来を大切にしています。
母乳外来では、育児のこと、上の子の産後ケアの相談、私の体調のことなど
なんでも相談できています。
なので、毎回身も心もスッキリ。ありがたい場所です。

なので、母乳で悩みがあれば、
プロの助産師さんに相談するといいと思いますよ。

まとめ

母乳に関しては色々な意見がありますよね。
なので、私のやり方が絶対というわけではありません。
母乳育児って楽ではない。
でも、母乳育児はいつまでやると考えると、
マメな授乳があるのは、たった1年。
1年だったら頑張ろうって私は思えましたよ。
だから、夜間授乳だってできています。(たまに寝過ごすけど・・・)

ただ、私のように、母乳育児をしたいけどどうしたらいいのか分からない、
そんな悩みを抱えている人に、少しでもこの記事が役に立ったらいいなと思っています。

こちらの記事も要チェック!
授乳のときに噛まれる場合は断乳する?対策は?傷や膿はどうする?
産後母乳でダイエットは痩せない?運動のおすすめは?食事は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする