ガスコンロで土鍋ご飯?ihで炊く方法は?保温はどうする?

我が家は土鍋ご飯を食べています。
本当に美味しいので是非試してみてほしい。
でも、土鍋ご飯ってどうやって炊くのか分からないというあなた。
この記事では、ガスコンロとihの土鍋ご飯の炊き方、
土鍋で炊いたご飯の保温方法に関してご紹介します。

ガスコンロで土鍋ご飯?

では、まずガスコンロで土鍋ご飯を炊く方法。

材料:米3合、水540ml

【①お米を洗う】

まずは、炊飯器でご飯を炊く場合と同じ。
お米を洗います。お米を洗ったら土鍋に移し、
そこに水540mlを投入。このとき、ざるでお米の水分をよく切ってくださいね。
その後、しばらく放置しますが、放置する時間は季節によって違います。
夏場は約30分、冬場は1時間程。

【②火にかける】

①に蓋をし、中火で10分かけて沸騰させる。
沸騰したら弱火にし、15分~20分加熱。
その後、火を止めて10分蒸らす。
火力に関しては、テキスト通りにはいきません。
あなたの家の環境や火加減によるので、
中火~強火にして何回か炊き、10分で沸騰する火加減を見つけましょう。
蒸気が勢いよく出たら、沸騰している証拠ですよ。

ihで土鍋ご飯を炊く方法

我が家はIHなので、ガスコンロとは火加減が少々違っています。
あくまで我が家流のIHで土鍋ご飯を炊く方法をご紹介しますね。

材料:米3合、水560ml
※ガスコンロと①の手順は同じ。

スポンサーリンク

では、火にかけるところから説明します。
まず、我が家の土鍋でご飯を炊くとき、
1.22.0kW HEATERの電力のところに土鍋をセットします。
この1.2kWというのは、ガスコンロでいう中火程度。
(ガスコンロの強火が約2.0kW)

そして、火力を最大限にし、約20分火にかける。
その後、火を止めて10分程度蒸らします。

このやり方で焦がしたことはほぼありません。
ですが、どのIHでも、このやり方が通用するとは限らないので、
あなた自身で、適正な火力と時間を見つけていくことが大切。

土鍋ご飯の保温は?

土鍋ご飯を保温しておく方法は蒸し器がおすすめ。

【蒸し器で土鍋ご飯を保温する方法】
蒸し器に2cmほど水を入れ、湯気が出るまで沸騰させる。
蒸し器から湯気が出たのを確認できたら、ご飯を綺麗な布巾で軽く包み、蒸し器に投入。
(水が沸き上がる前にご飯を蒸し器に入れないよう注意)
その後、蒸し器に蓋をし、強火で2分程度蒸す。

こうすることで、ふわふわのつやつやご飯になるんですよ。
ただ、蒸し器がめんどくさい方もいると思うので、
その場合は保温ジャーがいいですよ。

余談ですが、土鍋ご飯を保存する方法は知っていますか?
今でも旅館などで使われているおひつ
これがとても便利。
おひつは、さわら、ひのき、杉などの木材で作られた、ご飯を保存するための容器。
おひつに使われている木材は、繊維がきめ細かく丈夫。
更に、湿気に強く、水分や空気を適度に通すので、雑菌の繁殖もおさえる効果もあるんですよ。

おひつは、使う前にさっと水で濡らし、
炊き立てのご飯を移すと、適度な水分調節をし、
ほのかな木の香りがうつり、ご飯が冷えても美味しく食べられるんです。

今はレンジでも使えるおひつが販売されていますが、
やはり昔ながらのおひつがおすすめ。

まとめ

土鍋ご飯はコツさえ掴めば、簡単にできちゃいます!
その味は炊飯器とは異なると私は感じてます。
土鍋にチャレンジしてみたいあなた。
是非、マイ土鍋を購入して、毎日おいしいご飯を食べましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする