赤ちゃん肌の一部がガサガサ?アトピーにステロイド使わない?保湿剤は?

今日は、現在生後9か月の息子の肌についてお話ししますね。
じつは、生後3.4か月頃から、息子の肌に異変が起きました。
肩・胸・脚の一部分がガサガサしていて、肩に関しては、
ガサガサ部分が丸くなっているんです。

「放っておけば治るかな?」と思っていたんですが、一向に治る気配がない。
そこから今に至るんですが、この記事では、そんな息子の肌に関して紹介します。

赤ちゃん肌の一部がガサガサ?

これが息子の肌荒れ写真。

胸に関しては、もっとひどかったんですが、
今はだいぶ治りました。
でも乳首はガサガサのまま。

息子の肌荒れは、顔にも広がっていき、引っ掻いてしまうので、
小児科に連れて行ったんです。
そこで先生に診断されたのが「アトピー」でした。

予想外の診断で、私は唖然。
先生が言うには、乳児湿疹が2か月以上続くとアトピーだそうです。
※あくまで、息子の小児科の先生の診断です。

私も主人も身内にアトピーはいないので、
ビックリしたと同時にショックでした。

赤ちゃんのアトピーはステロイドを使わない?

私はステロイドを使いたくないという考え。
ステロイドについては調べると色々なことが書かれていると思いますが、
やはり赤ちゃんにステロイドを使うことが怖かった。

しかし、小児科の先生に、
「短期間でステロイドを使って治さないと、肌がカチカチになってしまう」と言われました。
確かに、そのとき、息子の肌荒れ個所は、既に硬くなりつつあったんです。
なにより、毎日かゆがっている息子が不憫だったので、
今回初めてステロイドに手を出しました。

すると、1週間もたたないうちに、息子の肌荒れが治ったんです。
凄く嬉しかった。これでもう大丈夫、そう思いました。

しかし、今現在ステロイドをやめて、再び肌荒れが以前よりはひどくないものの、
またかゆがり始めたんです。顔は大丈夫ですが、胸・肩・脚は治らないまま。
また、ステロイドを使うのは嫌だなと思いました。
そこで、ステロイドではなく、何かアトピーなどに効果のあるものはないかと探したんです。

赤ちゃんのアトピー保湿剤は?

息子の肌荒れが始まった当初、ワセリンを塗っていました。
ワセリンは保湿剤なので、ワセリン塗ったからといって、
アトピーは治らないと小児科の先生に言われました。
確かに、息子のアトピーはなかなか治らないし、良くもならなかった。
保湿剤ではダメなのか、そんな疑問を胸に保湿剤を調べてみると、
新発想の低刺激 高保湿ローション!【潤静】
に出会ったんです。


まず驚いたことが、潤静(うるしず)は、なんと無添加住宅を扱う住宅会社が開発した商品だということ。無添加住宅を扱っているので、
潤静ももちろん成分にこだわって作られていました。

気になったので、実際息子の肌に試してみたんです。


これが潤静。

スポンサーリンク

中身を手に取ると、こんな感じ。


黄色い液体で、肌に馴染ませるとべたつくことなく、すっと浸透。
肌に浸透した後は、しっとりしていましたよ。


これは息子の脚。肌荒れしている部分。ここに潤静を塗ってみました。


脚は一番効果が早く出たんです。ガサガサ部分がしっとり。
効果は3日ほどで出ました。(もちろん個人差がありますよ)

あとは、胸と肩にも塗っていますが、まだ完全に良くはならないものの、
悪くなることはなく、むしろ肌が少しずつしっとりしてきました。

なにより、息子が潤静を塗っているとき、おとなしいんです。
9か月でつかまり立ちやずりばいもする、動きたい盛りなのに、
なんで潤静を塗っているときは、やってと言わんばかりのおとなしさ。

ステロイドを塗るときは、暴れて仕方なかったんですが。

息子もおとなしくなってしまうほど、潤静の塗り心地がいいんですね。

潤静ってどんな人におすすめなのかというと、
・アトピー性皮膚炎でお悩みのお子様(大人も使えます)

だから、息子にピッタリだなと思ったんです。

じゃあなんでアトピーに効果が期待できるのか、
まず肌が荒れている状態というのは、肌のバリア機能が低下してますよね。
だから、そこに水分を浸透させても、肌がスカスカな状態なので、
水分が外部に逃げやすくなってしまう。
だから、治りも遅くなるんですね。

そこで、新発想の低刺激 高保湿ローション!【潤静】は、
独自の『バリアキュア処方』を配合。

その詳細はというと、
①ポリグルタミン酸配合

ポリグルタミン酸配合とは、ヒアルロン酸よりも優れた保湿力を持つ成分のこと。
また、肌に薄い膜を張ってくれるので、長時間潤いが持続。そして、肌が水分を保つ力に働きかけてくれるので、
使えば使うほど健やかな肌に導いてくれます。

②4種のセラミド配合

セラミドとは、肌の角層の中にある角層細胞の隙間を埋め、
細胞同士や水分をつなぎとめているもの、
つまり、お肌に重要な成分。
肌荒れの部分に不足しがちなセラミドを、潤静は4種類も配合しているんです。
そのセラミドも、肌なじみが良く刺激が少ないものを配合しているので、
赤ちゃんでも安心して使えるんですね。

③キハダ樹液エキス配合

キハダ樹液エキスは、古くから胃腸を整えるために用いられてきた成分で、
この色が潤静の黄色い色なんですダ。キハダ樹液エキスによって、
自然の力で肌荒れを落ち着かせる効果が期待できます。

④発酵プラセンタ配合

抗炎症作用や、肌のターンオーバーを促し、皮膚のバリア機能に効果が期待できる
発酵プラセンタ。これにプラスして、98%以上の植物由来成分を配合。
だから優しい使い心地になっているんです。

成分にこだわりがあるから、11時間後でも、つけたての95%のみずみずしさをキープできちゃいます。
だから、一日何度も塗りなおしがいらない、肌にオールインワンでお手入れできるので、
忙しいママには大助かり。

我が家は、お風呂上がりの息子に塗っています。
翌朝も、肌はしっとりしたままですよ。

そこで、新発想の低刺激 高保湿ローション!【潤静】は安心の国内工場で生産。

とことんこだわりを持っているんですね。

でも、そんなに成分にこだわっても、全ての人の肌に合う商品はないのではないでしょうか。
だから、もし肌に合わなかったら、効果が出なかったらと考えると、
購入するかためらいますよね。

安心してください。新発想の低刺激 高保湿ローション!【潤静】は、初回購入時から30日間の全額返金保証つき。

だから、私も安心して使えました。

我が子のアトピー、どうにかしたいけどステロイドは使いたくないなというあなた。
一度ステロイドから目線を変えてみませんか?

まとめ

我が子の肌荒れは、長期戦になるかと思います。
でも、しっかり向き合って治してあげたい。
とりあえず、ステロイドは使用をやめ、保湿で様子を見ていこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする