年賀状の返事遅れたらどうする?文例は?しないことは失礼?

年賀状の返事を、うっかり出し忘れてしまったことありませんか?
焦って返事を出そうにも、どのように対応したら失礼に当たらないか気になりますよね。
そこで、この記事では、年賀状の返事が遅れたらどうすればいいのか、文例はどのようなものがあるのか、返事をしないことは失礼なのかに関して、ご紹介します。

年賀状の返事遅れたらどうする?

一般的に、年賀状の返事は、1月7日(松の内:お正月の門松のある間)までに出すことがマナー。
そのため、もしこの日以降に、年賀状の返事を出す場合は、
年賀状としてではなく、”寒中見舞い”として返事を出しましょう

そもそも寒中見舞いとは、
1月5日頃~2月4日頃までの小寒から立春までの寒中にするお見舞いのこと
つまり、寒い冬の時期に、相手を気遣うための挨拶。

寒中見舞いを出すときに気を付けてほしいことは、誤って年賀状はがきを使わないこと。
年賀状はがきで寒中見舞いを出すことは、マナー違反なんですよ。
そのため、郵便局に行き、通常の官製はがきを準備してくださいね。
郵便局に行くのが大変な方は、おたより本舗
で寒中見舞いはがきを買えば、家から出なくてもいいので楽ですよね。

余談ですが、寒中見舞いは2月4日までに出すことがマナー。
もし、それ以降に返事を出したい場合は”余寒見舞い”となります。
ここまで返事を引き延ばさないようにしたいですね。

年賀状の返事が遅れた場合の文例

では、年賀状の返事が遅れてしまったときは、どのような文面にすればいいのでしょうか。

ポイントは、

文頭は「寒中お見舞い申し上げます」
年賀状を送っていただいたことに対するお礼
返事が遅れてしまったことに対するお詫び
相手を気遣う一言
今年もお付き合いをお願いする一言

この5点を組み込んで、文面にしますよ。

まず、【年賀状を送っていただいたことに対するお礼】の文例。

・ご丁寧な年賀状を頂き、ありがとうございました
・早々と新年のご挨拶を頂ましてありがとうございました
・早々とご丁寧な年賀状をいただき恐縮しております

次に、【返事が遅れてしまったことに対するお詫び】

・ご挨拶が遅れ申し訳ございません
・新春のご祝詞を頂きながらご挨拶が遅れてしまい、誠に申し訳ございません
(これはお礼も含まれている)
・新年のご挨拶が遅れましたこと深くお詫び申し上げます

その次に、【相手を気遣う一言】

・皆様におかれましては良いお年を迎えられましたご様子、心からお喜び申し上げます
・厳寒の折、風邪などお召しになられませんようご自愛ください
・まだまだ寒い日が続きますのでどうかお体を大切になさって下さい。

スポンサーリンク

最後に、【今年もお付き合いをお願いする一言】

・今年もよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます
・今年も宜しくお願い申し上げます

このような文例になります。
このとき1点注意が。返事が遅れた理由は書く必要はありません

これらを組み合わせてみると、

寒中お見舞い申し上げます
早々と新年のご挨拶を頂ましてありがとうございました。ご挨拶が遅れ申し訳ございません。
厳寒の折、風邪などお召しになられませんようご自愛ください。
今年もよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます。

このような感じの文で寒中見舞いを出せば、大丈夫ですよ。

年賀状の返事をしないことは失礼?

年賀状の返事を出しそびれてしまうと、ついついめんどくさくなって、
「返事出すのはやめにしようかなー」と考えてしまうことありませんか?

じゃあ年賀状の返事を出さないことは失礼にあたるのかというと、
これは相手によります。

親族の場合

年賀状の返事を出さなくても、直接挨拶することが可能。
しかし、遠い親戚の場合だと、直接お会いすることができないと思うので、
電話で返事が出せなかった旨を伝えるなどすればいいと思います。
そのため、年賀状の返事を出さなくても、失礼には値しにくい。

友人

友人の場合、仲がいい友人であれば、メールやライン、もしくは電話などで
返事が出せなかった旨を伝えることは良いと思います。
そのため、年賀状の返事を出さなくても、失礼には値しにくい。
あまり仲が良くない友人の場合は、返事を出さなくても、もともとあまり連絡を取っていないのであれば
大丈夫だと思いますよ。

会社の上司

会社の上司には返事を出したほうがいいでしょう。
会社によっては年賀状を禁止しているところもあるので、
会社のルールにもよりますが、そうでなければ寒中見舞いを出しましょう。
会社の後輩であれば、直接返事が出せなかった旨を伝えれば大丈夫だと思います。

ビジネス関係

得意先の場合、立場が上か下かによります。
お得意様の場合は、返事を出しましょう。
自分の会社がお客さんの立場であれば、
特に返事を出す必要はないですよ。

年賀状の返事は出すに越したことはないですが、
さまざまな理由から、返事を出せないこともありますよね。
どうしても返事が出せない場合、
年賀状や寒中見舞いではない方法(メール・ライン・電話など)で、
その旨を一言伝えるだけでも、今後の関係性が崩れにくくなるのではないでしょうか

どうしても、寒中見舞いがめんどくさくなる場合は、
おたより本舗で、予め文面が印刷されているはがきを使うと簡単ですよ。

まとめ

年賀状は年々出さない人が増えている中、
返事を出さなくなるのも分かります。
しかし、いざ返事を出しそびれた際に、失礼のない対応をすることが
社会人としてのマナーですよね。
めんどくさいからと言って投げ出さず、今後の信頼関係のためにも、
失礼のないよう対応しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする