ディアワールドセルビック化粧品とは?サンプルは?効果は?

30代突入を目前としている私。
本気でエイジングケアに関して悩み始めました。

でも「エイジングケアって何をしたらいいの?」と思ったことはありませんか?

世の中にはたくさんのエイジングケア用品がありますよね。
その中から、自分に合ったものを探し出すのってなかなか大変。

だからといって、あれやこれやとエイジングケア用品に手を出すことは、
金銭的に厳しい。

そんなとき、ちょっと変わったエイジングケア用品を見つけ、
しかもサンプルがあったので使ってみました。

そのちょっと変わったエイジングケア用品というのが、セルビックというスキンケア商品。
今日は、セルビックのスキンケア商品のサンプルに関するレビューをご紹介します。

ディアワールドセルビックの化粧品とは?

冒頭でもお伝えした通り、セルビックの化粧品は他とは少し違うんです。
何が違うのかというと、”肌の力にまかせるスキンケア”

どういうことかというと、今まで私がやってきたスキンケアというのが、
洗顔→化粧水→乳液→美容液という流れ。
つまり、洗顔してから、肌に栄養を与えるという作業をしていたんです。

でも、このスキンケア方法だと、肌のはたらきがうまく機能しなくなるんだそうです。

だから、セルビックは、洗顔後に肌自身が肌のはたらきをしっかり機能するよう、
肌にトレーニングをさせ、その後、肌を保護してあげるというスキンケアをしてくれるんです。

ダイエットでいうと、どんなに痩せたくても、代謝が良くなるなどのクリームを塗っているだけでは痩せないですよね。
やはり、運動をしたり、食事のバランスを考えて食べたりと、自分の体内にアプローチをかけ、痩せやすい体質を作ることで、体重は落ちていきます。

それと同じで、肌も、肌自身がちゃんとはたらく肌質を作ることで、美しい素肌ができあがる。

セルビックのスキンケアに対する考え方に、すごく納得させられました。
なので、ますますセルビックのエイジングケア用品を使いたくなってしまったんです。

セルビックのサンプルは?

ここからサンプルを購入すると送料無料→セルビック-EGF・FGF美容液 999円お試しセット

では、サンプルを開封していきましょう。

届いた状態はこんな感じ。

中を開けると、

なんだかモリモリ入っています。
私は、個人的に読み物が大好きなので、これくらいモリモリ感があるサンプルは、とっても嬉しいです。
読み物は、スキンケアに関する美肌法のことがたっぷり書かれていて、とても参考になりました。

サンプルはというと、

セルビックEエッセンスとセルビックFエッセンスが5日分

スポンサーリンク

あとはセルビックのモイスチュアライザーが2回分入っていました。

では、早速使ってみましょう。

セルビックの効果は?

まずはセルビックEエッセンスとセルビックFエッセンス。

どちらも透明の液体で、Fエッセンスの方がとろみはあるものの、
どちらも使い心地はさらっとしていて、肌なじみが良かったです。

これらを、洗顔後の肌に使用した後、、通常のスキンケアを行います。

そして翌朝、洗顔後にセルビックEエッセンスを塗ります。

5日間使ってみた感想なんですが、
きめが凄い!

例えでいうと、ぐっすり眠れた朝って、すごく肌の調子がいいんですけど、
まさにそれです。

メイクのりも良く、毎朝お化粧をするのが楽しみになりました。
これを使い続ければ、脱ファンデーションで、素肌を生かしたメイクも可能だと思います。
それくらい、きめ細やかな肌になれました。

もう一つのサンプルであるセルビックのモイスチュアライザー。

こちらも透明で、テクスチャーはジェルのような感じ。

これが少し変わっていて、肌にのせた後、なじませるのではなく「のせて、待つ]
そうすることで、角質層に水分が上がってくるので、この時間は大切。

モイスチュアライザーを手に塗ってみました。

私、なぜか右で中指の一部が、硬くザラザラ乾燥しているんですが、
モイスチュアライザーを使ってみたところ、時間が経っても乾燥しないんです。

ハンドクリームでさえ、時間が経つと乾燥してしまうので、びっくりしました。

セルビックの効果は、私にはしっかり現れていました

まとめ

セルビックは効果を感じやすいエイジングケア用品だと思います。
肌を根本から鍛えなおしてくれるので、本気でエイジングケアしたい人にはいいですよね。

しかも、サンプルがあり、999円送料無料というお値打ちにセルビックを試すことができるのは魅力的。

私も、30代に突入するので、肌を根本から変えたいと思います。

ここからサンプルを購入すると送料無料→セルビック-EGF・FGF美容液 999円お試しセット

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする