断乳の時期、仕事復帰する場合どうする?方法は?ケアは必要?

わたしには、1歳になったばかりの息子がいます。

息子は、既に卒乳しています。

息子の断乳は、わたしの仕事復帰に合わせて、予定を立てました。

でも、断乳の時期って、仕事復帰する場合、どうすればいいのでしょうか。

この記事では、わたしの経験に基づいた、
仕事復帰する場合の断乳に関して、解説していきます。

断乳の時期って仕事復帰する場合どうする?

わたしは、完全母乳で息子を育てました。

しかし、よく出るおっぱいだったので、定期的に母乳外来に通っていたんです。

事前に、助産師さんへ、仕事復帰の目途を伝えていたので、息子の断乳時期は、助産師さんと相談して決めました。

12月で1歳になる息子。

仕事は、年明け1月を予定していました。

まず、助産師さんが確認したポイントは、

・息子の体重
・離乳食の進み具合

この2点です。

息子は割と大きいほうだったので、体重は問題ありませんでした。

また、食欲旺盛で、離乳食もよく食べてくれました。

よって、断乳は、仕事復帰する4か月前からスタート

(年末年始におっぱいトラブルが起きないよう、断乳時期を少しだけ早めました)

断乳の時期って、十人一色なので、産院の助産師さんに、赤ちゃんの状態をみてもらい、断乳の相談をしてみるといいと思います

あくまで、赤ちゃんは母乳・ミルクが主食。

離乳食だけでは、なかなか体重は増えないし、赤ちゃんもお腹いっぱいにならないので、スパッと断乳しないほうがいいかなと感じました。

仕事復帰に向けての断乳方法

9月からスタートした断乳。

当時、わたしは、3時間おきに授乳していたので、授乳回数は1日8回。

まず、初めに断乳した時間帯は、夜間

なぜかというと、息子はよく寝る子で、わたしがおっぱいトラブルを避けるために、息子を起こして授乳していたものの、自ら起きることが、あまりなかったから。

夜間授乳のみをやめ、息子が生後10か月になったころ、日中の授乳も、少しずつ減らしていきました。

息子が完全に卒乳したのは、生後11か月を過ぎたころ。

結果、私は2か月半かけて、ゆっくり息子は卒乳しました。

おかげで、年末年始は、おっぱいトラブルを気にせず、好きなものをお腹いっぱい食べられましたよ!

断乳のケアって必要?

母乳育児の場合は、断乳ケアは必要だと思います。

わたしは、断乳を進めていくなかで、断乳中と断乳後に、
しっかりおっぱいのケアをしていました。

主に行っていたケアは、2点あります。

【断乳中・断乳後のケア】

1.おっぱいを絞る(ただし入浴前後はNG!)
2.母乳外来で余分な母乳を絞ってもらう

断乳を始めると、赤ちゃんが飲まなかった分のおっぱいがたまり、おっぱいトラブルが起きやすいので、1日、もしくは2.3日おきに、絞っていました。

ただし、入浴前後の時間(お風呂の中も)に、おっぱいを絞ってしまうと、血流の流れが良くなり、おっぱいの分泌量が増えてしまいます。

スポンサーリンク

そのため、おっぱいを絞るのは、午前中がベスト!

また、自分でおっぱいを絞ることには限界があるので、助産師さんの母乳マッサージを受けていました。

特に、断乳後は、余分な母乳をしっかり出してもらうことで、助産師さん曰く、可能な限り元のおっぱいの状態近づくことができるそうです。

また、余分な母乳を出しておかないと、2人目、3人目を出産した際、スムーズに母乳が出ないことがあるそうなので、おっぱいの中のしこりは、改善しておいたほうがいいそうですよ。

実際、わたしは、2人目を出産した際、1人目の断乳ケアを全くしていなかったことから、しこりが残ったままで、その部分がとても痛かったです。

次の妊娠を考えていて、母乳で育てる場合は、しこりなど残さないよう、助産師さんの母乳マッサージで、おっぱいをすっきりさせましょう!

まとめ

仕事復帰をする場合の断乳時期は、赤ちゃんの体重や、離乳食の素水具合を見て、断乳の計画を立てましょう。

不安な方は、助産師さんに相談してみてください。

断乳の方法は、少しずつ、ゆっくり授乳回数を減らすこと。

赤ちゃんの主食は、母乳もしくはミルクです。

離乳食だけでは、体重が増えにくいし、赤ちゃんもお腹いっぱいになりません。

スパッと断乳するのではなく、段階を踏んで、ゆっくり進めましょう。

母乳育児の場合、断乳ケアはとても大切。

断乳中、おっぱいトラブルは起きやすいので、おっぱいを絞ったり、母子マッサージを受けましょう。

断乳後は、しこりがおっぱいに残らないよう、母乳マッサージで、余分な母乳を出し切ってもらいましょう。

スポンサーリンク