花祭りって何をする?意味や由来、甘茶の理由、保育園事情を解説!

4月8日は花祭りですね。

娘が通う保育園では、花祭りのイベントを行いますが、
親御さんの中に、「花祭りって何をするの?」という人が多いんですよね。

そこで、この記事では、花祭りに関して、解説していきます。

花祭りって何をする?

花祭りは、お釈迦様の誕生日!

そのため、全国各地のお寺では、お釈迦様の生誕祝いをするんです。

それが、まさしく花祭りなんですが、どのようなことをするのでしょうか。

花御堂で誕生仏を安置する

まず、花御堂(はなみどう)とは、たくさんの花が飾り付けられたお堂のこと。

花御堂は、花祭り限定で、お寺の中に設置されます。

誕生仏(たんじょうぶつ)とは、お釈迦様の誕生した時をかたどった彫刻のこと。

花祭りでは、花御堂に誕生仏を設置します。

甘茶をかける

花御堂に設置される誕生仏は、たらいのような器のなかに甘茶をたっぷり入れてから、
置かれます。

甘茶とは、ユキノシタ科の植物「アマチャ」の若葉を煎じた飲み物のこと。

スポンサーリンク

無病息災(むびょうそくさい:病気をせず健康であること)の効果があると言われており、
花祭り参加者に配られます。

その甘茶を、参拝者は、誕生仏(お釈迦様)にかけ、お釈迦様の誕生を祝います。

ちなみに、甘茶の味は、少し甘かったです。

花祭りって保育園は何する?

余談ですが、我が子の保育園でも、花祭りはあります。

親は参加しませんが、花祭りの日は、1本花を持たせることになってますよ。

わざわざ花を買う必要はなく、道端に咲いている花でもOKと言われました。

園児たちが、花を飾り、お釈迦様の誕生を祝う日となってます。

花祭りの意味や由来

花祭りの意味は、意味や由来は、お釈迦様の誕生。

お釈迦様の母にあたるまー摩耶婦人(まーやーふじん)が、4月8日に、美しい花の咲く花園でお釈迦様を出産しました。

そのため、花御堂は、生誕地を表しています。

また、お釈迦様は、生まれてすぐに、7歩もあるき、天と地を指さして、「天上天下唯我独尊(てんじょうてんがゆいがどくそん)」と喋ったと言われています。

その時に、9匹の龍が、天から香水をかけたことから、花祭りに、誕生仏に甘茶をかけるようになったんです。

まとめ

花祭りは、お釈迦様の誕生日。

全国各地のお寺や、お寺関係の保育園などでは、4月8日にお釈迦様の誕生を祝います。

その際、花御堂に誕生仏を置き、参拝者に甘茶をかけてもらいます。

花祭りの意味や由良は、お釈迦様の生誕に関係しています。

生まれた場所や、生まれたばかりのお釈迦様の状態から、花御堂や甘茶を用いるようになったんです。

是非、参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク