日光山輪王寺の強飯式の意味や由来は?食べる行事内容と参加方法は?

栃木県日光市にある日光輪王寺で、毎年4月2日に行われる強飯式(ごうはんしき)。

栃木県の行事としては有名ですが、その意味や由来、
行事の内容はどんなものなのでしょうか。

この記事では、強飯式に関して、解説していきます。

強飯式の意味

強飯式は、お酒や食べ物を振る舞うお祭りで、
大盛ご飯を無理やり食べさせるという意味があります。

大盛ご飯を無理やり食べさせるなんて、なんとも変わった行事ですよね。

どうして強飯式は、始まったのでしょうか。

強飯式の由来

強飯式の始まりは、平安時代にさかのぼります。

平安時代では、山で修行をした帰りに、お供え物を持って帰るという風習がありました。

そのお供え物は、里の人にも分けるということが、強飯式の始まりです。

強飯式では、「頂戴人」というひとが、大盛ご飯を食べます。

その役をする人は、「七難即滅(しちなんそくめつ)、七福即生(しちふくそくしょう)の現世利益(げんぜりやく)疑いなし」と言われています。

意味は、病気をせず健康でいられ、商売繁盛となるということで、「頂戴人」には江戸時代になると、将軍や大名などの、身分の高い人が行っていました。

強飯式とは食べる行事

強飯式は、大盛ご飯を食べる行事ですが、おおもりごはんとはどれくらいの量なのでしょう。

なんと、1杯3升ほど(お米約5kg分)を食べるとされていて、
たくさん食べろと攻め立てられたそうです。

では、どのような流れで、強飯式は勧められるのでしょうか。

強飯式の流れ

強飯式は、まず、お経から始まります。

その次に、お神酒・菜膳・ご飯が並び、強飯頂戴という儀式が始まります。

最後に、縁喜がらまきという催しをして終わります。

日光山輪王寺の強飯式の参加方法

栃木県にある日光山輪王寺の強飯式は、毎年4月2日、
本堂で午前11時と午後2時の2回行われます。

参観料金は、1人3,000円

ご祈祷をすると、しゃもじの形をしたお札と福持がもらえますよ。

もらったしゃもじのお札は、神棚などの高い位置に置き、福持は早めに食べましょう。

強飯式は、意外にも子ども席があります。

そのため、家族で参加しても、楽しいですよ!

子どもに強飯式を楽しく伝える方法

お子さんも一緒に、強飯式に参加する場合、事前に、強飯式とは何ぞやということを知っておくといいと思います。

しかし、強飯式の説明って難しいですよね。

そこで、是非見せてあげてほしいのが、まんが日本昔話の「そうめん地蔵」

このお話は、強飯式の起源となっているし、アニメなので、お子さんも楽しく学べますよ!

まとめ

日光山輪王寺の強飯式に関して、いかがでしたでしょうか。

意味や由来を知ったうえで、強飯式に参加すると、より楽しめると思います。

お子さんも参加できるので、日本の伝統行事を学ぶいい機会ですね!

是非、参考にしてみてください。