七夕の天の川時間はいつ?見える場所はどこ?見方はどうすればいいの?

七夕といえば、織姫と彦星が出会う天の川ですよね。

外に出て、天の川を探してみるものの、なかなか見つからないと
諦めたことはありませんか?

そんなあなたでも、簡単に天の川を見つけられる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

七夕の天の川時間はいつ?

実は天の川はいつでも見えているんです。

驚きですよね。

その中でも、特に見えやすい時期は夏の夜空。
天の川は、夏から初秋までよく見られます。

天の川は、7月7日の七夕の日だけに見えるものではないんですね。

天の川を見つけやすい期間は長いため、諦めずに、天の川を探しちゃいましょう。

七夕の天の川見える場所はどこ?

天の川は全国各地から見えます。
海外からも、もちろん見えますよ。
そのため、場所は特別選ぶ必要はありません。
しかしながら、しっかりみたい方は、天文台や高原がおすすめです。

天の川は、ただ夜空を見上げれば見えるものではありません。
そのため、どの方角に注目すればいいのか抑えておきましょう。

スポンサーリンク

方角は夏の時期は東〜南側に天の川は見えます。

7月になると、織姫星(ベガ)と彦星(アルタイル)が東の高い位置にあります。

それらがデネブ(はくちょう座で一番明るい恒星)を繋いでできる
夏の大三角からさそり座にかけて天の川が見えます。

8月になると、頭の真上に夏の大三角があるので、
それを目印に天の川を探してみてください。

七夕の天の川見方は?

天の川を見るときは、天気のいい夜がオススメです。

雲があると、雲隠れしてしまうので気を付けましょう。

また暗い場所がいいため、電気の光や。
月明かりの少ない時間帯がおすすめ。

どうしても、天の川の位置がわからない人は、
星座の位置確認できるアプリを使うと見つけやすいですよ。

肉眼でしっかり目に焼き付けたい方は、天体望遠鏡を覗いてみるのもいいですね。

まとめ

天の川は、七夕の日だけに見られるのではなく、
夏から秋の初め頃まで見られるなんて、意外ですよね。

七夕が終わると、天の川が見られないと諦めていたあなた。
もう諦めなくて大丈夫。

天の川を見つけるチャンスは沢山ありますよ。

明るさには十分気を付けて、天の川探しを楽しみましょう。

こちらの記事も要チェック!
安城七夕祭り場所はどこ?開始時間は何時?行き方はどうすればいい?
七夕祭り一宮って場所はどこにある?時間はいつから?駐車場はあるの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする