十三参りの服装って女の子・男の子・親は何を着ればいいの?

春は十三参り(十三詣り)の季節。

我が子の晴れ姿が、とても楽しみですよね。

でも、十三参りのときって、服装はどうすればいいのでしょうか。

家族揃って、十三参りのお祝いをする場合、正しい服装で迎えないと、
1度きりの十三参りが、台無しになってしまうかもしれません。

この記事では、十三参りの服装に関して、女の子・男の子・親に分けて、解説していきます。

十三参りの服装って女の子は何を着る?

女の子の場合、大人と同じ本裁ちの着物をきます。

本裁ちとは、和服の裁ち方の1つのことで、一反(いったん:織物や面積の単位のことで、一反は着物1着分サイズ)のすべてを使って、大人用の着物を1枚仕立てる裁ち方。(「裁つ」とは、布を寸法や形に切るという意味)

柄は、特別な決まりはありませんが、


小紋(こもん)→細かい模様がちりばめられた、可愛らしい柄


訪問着→柄が縫い目に限らず、肩から胸や袖にかけて、1つの絵のようにつながっている


色無地→柄のない黒以外の無地の着物


付け下げ→模様が全てうえを向くように描かれた着物


振袖→成人式などにきる着物

このような柄の中から、お子さんやご両親の好みで、選んでみてください。

ただし、ウールは晴れ着(お正月やお盆などの行事や、結婚式などの大切な節目にきるもの)になってしまうので避けましょう

大切なことは、本裁ちした着物をきるということですが、もう1つ、忘れてはならないポイントがあります。

それは、”肩上げをした着物をきる”ということ。

肩上げとは、成長に合わせて裄丈(ゆきたけ:首の付け根から袖先までの長さ)を
短くすること。

肩上げをし、お子さんのサイズにピッタリな着物をきせてあげましょう。

女の子の着物に関することは、十三参りの着物は肩上げが必要?小紋でもいい?振袖は成人式でも?で、詳しく解説しています!

十三参りの服装って男の子は何を着る?

男の子は、羽織袴(はおりはかま)を着ます。

種類は、いくつかありますが、

昔ながらの正装であるならば、紋(もん:代々引き継がれる、その家のしるし)付きの袴。

色は、さまざまですが、黒は王道ですね。

黒以外であれば、このような派手すぎない、紋付きの袴もいいと思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

卒業式 スーツ 男の子 レンタル 子供服 七五三 卒業式 入学式 結婚式 120cm JBE1216【レンタル】
価格:4800円(税込、送料無料) (2020/1/28時点)

スポンサーリンク

楽天で購入

先程、男の子は袴を着るといいましたが、洋装でスーツを着る男の子も増えています

やはり、着やすく、他のイベントなどでも使えることが、人気のポイントですね。


じつは、中学指定の制服で、十三参りをする男の子もいます。

学生服であれば、予算も抑えられるし、中学に行くというケジメがつけられそうですよね。

十三参りの服装って親は何を着る?

親の服装に、決まりはありません。

しかし、気をつけておきたいポイントがあります。

それは、”子どもよりも目立ってはいけない”ということ。

十三参りの主役は、お子さんです。

なので、主役であるお子さんよりも目立つ服装は、避けましょう。

十三参りの服装~母親~

母親の場合、十三参りの服装の選択肢は3つあります。

・着物
・スーツ
・ワンピース

着物の場合、訪問着・付け下げ・色無地を選ぶこと。

色は、お子さんの服装とのバランスを考えて、選択してみてくださいね!

スーツやワンピースの場合は、色味に注意!

抑え気味な、グレー・紺・淡い色を選択するといいですよ。

アクセサリーや小物は?

アクセサリーは、シンプルなパールだと、目立ちすぎず、上品になります。

靴下は、黒ではなくストッキングを選び、靴は、つま先のあいていない、高すぎないヒールを選ぶといいですよ。

十三参りの服装~父親~

父親の場合、十三参りの服装の選択肢は2つあります。

・スーツ
・羽織袴

スーツの場合、ジャケットを羽織り、ネクタイを締めて、ビシッと決めてください。

スーツは、普段、仕事用できているもので構いませんが、
色味が派手すぎないよう、注意してください。

もちろん、ネクタイの色も、控えめにしてくださいね。

羽織袴の場合、紋付きを選ぶ必要はありません。

まとめ

十三参り(十三詣り)の服装に関して、参考になりましたでしょうか。

我が子の晴れ姿を、家族で見るために、皆でビシッと決めていきたいですよね。

あくまで、我が子が主役ということを念頭に置き、それぞれの服装を決めてみてください。

こちらの記事も要チェック!
十三詣りの参拝方法は?おすすめスポットもご紹介します!
十三詣りとは?いつなの?発祥地や由来・意味など解説します!
十三参りの着物は肩上げが必要?小紋でもいい?振袖は成人式でも?

スポンサーリンク