十三詣りとは?いつなの?発祥地や由来・意味など解説します!

関西地方が中心となって行われる「十三詣り(十三参り)」。

今では、関東でも、広まっている行事なんです。

そのため、まだまだ、十三詣りを知らない人は、たくさんいます。

十三詣りとは、何なんでしょう。

どこで始まったかなど、深く意味を知ることで、
あなたも、やってみたくなる行事かもしれません。

この記事では、十三詣りに関して、解説していきます。

十三詣りとは?

十三詣り(十三参り)とは、子どもが、数え年(生まれた年を1歳とカウントし、新年のたびに年を重ねること)で13歳になる節目に、虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)を参拝

そこで、知恵と福徳(幸せと財)を授かるという伝統行事。

数え年を確認してみよう!

虚空蔵菩薩とは?

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)とは、無限の知恵と慈悲の心(他人を思いやる心)を人々に与える菩薩

菩薩とは、仏様になれるよう、修行する人のこと。

ご利益は、成績向上、記憶力増進、頭脳明晰(ずのうめいせき:思考や判断力がはっきりしする)、商売繁盛、技芸向上があります。

また、干支の丑(うし)・寅(とら)の、守り本尊なので、丑・寅年生まれのひとの、開運、厄除け、祈願成就を助けてくれると言われています。

虚空蔵菩薩のお寺の場所は?

虚空蔵菩薩は、各都道府県にあるので、
ネットで《虚空蔵菩薩 あなたが住む都道府県》で検索してみてください。

お住まいの地域から、近い場所の虚空蔵菩薩を探してみましょう。

十三詣りっていつ?

十三詣りは、もともと旧暦の3月13日前後と言われていました。

しかし、現在は、特定日はとくにないんです。

十三詣りの時期は、お寺によって異なっていて、3月から5月に行うお寺もあれば、
1年中行っているところもあります。

とはいえ、一般的には、旧暦の3月13日の1か月前後に行われます。

ちなみに、2020年の旧暦の3月13日に値する日は、4月13日(月)

月曜日に行う人はあまりいないので、1か月前後の、3月13日(金)~5月13日(水)に、多くの人が行います。

十三詣りの発祥地は?

十三詣りの発祥地、京都なんです。

そのため、十三詣りで最も有名な場所が、京都府嵐山の法輪寺虚空蔵法輪寺(こくうぞうほうりんじ)。

スポンサーリンク

十三詣りシーズンになると、多くの人でにぎわいます。

嵐山の法輪寺HPはこちら

十三詣りの由来は?

十三詣りは、弘法大師(こうぼうだいし)の記憶力を急激ににアップさせた修行「虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)」が関係していると言われています。

弘法大師とは、かの有名な”空海”のこと。

弘法大師を簡単説明すると、真言宗という仏教の宗派の修行をしていたが、空海から弘法大師に名を変え、高野山に金剛峯寺を建設したり、仏教に関する、数多くの本を出した人。

弘法大師の修行方法である「虚空蔵求聞持法(こくうぞうぐもんじほう)」とは、仏の言葉を百日間かけて、百万回唱えるというもの。

この修行をすると、さまざまな仏教の書物を理解して記憶し、
決して忘れることはないとされています。

一般人には到底無理な修行方法ですよね。

十三詣りの意味は?

十三詣りそのものの意味は、初めにお伝えした通り、”子どもが、数え年(生まれた年を1歳とカウントし、新年のたびに年を重ねること)で13歳になる節目に、虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)を参拝し、知恵と福徳(幸せと財)を授かる”という意味があります。

では、十三詣りの十三という数字には、どんな意味があるのでしょうか。

そこには、5つの意味があるんです。

  1. 13歳とは、自身の生まれ干支が一回りし、最初の厄年として厄除けをする年齢
  2. 男の子13歳は、かつて「若衆組(わかものぐみ:青年男子の集団)」に入るなど、社会の一員となる年齢
  3. 女の子13歳は、平安時代から、「髪上げ」という大人の女性の仲間入りをする儀式が行われた年齢
  4. 平安時代に、正和天皇が儀を虚空蔵法輪寺(こくうぞうほうりんじ)で13歳成人を迎えた
  5. 虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)は、十三仏(初七日から三十三回忌までの忌日を司る13の仏の総称)の13番目の菩薩

このことから、十三詣りでは、子供が大人になる13歳の節目に、子供の成長を祝い、
これからの更なる成長と活躍を願うために行われています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

十三詣り(十三参り)は、我が子の成長と飛躍を願うための行事なんですね。

関東を中心に行われていますが、あなたも、我が子にやってあげたいのであれば、是非、十三詣りをしてあげてくださいね。

こちらの記事も要チェック!
十三詣りの参拝方法は?おすすめスポットもご紹介します!
十三参りの服装って女の子・男の子・親は何を着ればいいの?
十三参りの着物は肩上げが必要?小紋でもいい?振袖は成人式でも?

スポンサーリンク