十三詣りの参拝方法は?おすすめスポットもご紹介します!

十三詣り(十三参り)とは、子どもが数え年で13歳になった時、成長を願うため行う儀式。

関西を中心に行われていましたが、現在では、関東でも行う人が増えています。

十三詣りって、どのような儀式をするのでしょうか。

予め知ったうえで、十三詣りに行けば、あたふたすることがなくなりますし、子どもも安心。

この記事では、十三詣りの参拝方法やおすすめスポットをご紹介します!

十三詣りの参拝方法

十三詣り(十三参り)の参拝方法は、お寺によって異なりますが、1例としてごしょうかいします。

  1. 受付に行き、祈祷を受ける子どもの名前を書き、祈祷料を支払う。
    十三詣りの祈祷料は、5,000円が一般的
    祈祷料は、白封筒に入れて、準備しておきましょう。
    その際、白封筒には、蝶結びの水引を使用し、
    表書きは「御祈祷料」「祝十三」「御礼」と書く。
  2. 事前にいただいた半紙に、子どもに託したい漢字1文字を書いておき、供えます。
    その後、祈祷をいただきます。
    漢字は、「知」「健」「福」など、いま大切にしているものや、これから授けていただきたいものを表す1文字を選びましょう
  3. お守りやお供物を頂いて帰り、親に感謝を伝えます。
  4. 参拝の帰りは、後ろを振り返ってしますと、
    せっかく授かった智恵を、返さなければならないという言い伝えがあります。
    そのため、どんな誘いにも振り向かないようにしましょう。

十三詣りのおすすめスポット

京都府嵐山の法輪寺(ほうりんじ)

スポンサーリンク

法輪寺は、もっとも有名な場所なので、十三詣りシーズンは、たくさんの人で賑わいます。

法輪寺のHPはこちら

奈良県奈良市の弘仁寺(こうにんじ)

弘仁寺のHPはこちら

大阪府大阪市の太平寺(太平寺)

太平寺のHPはこちら

東京都の浅草寺

浅草寺のHPはこちら

まとめ

十三詣り(十三参り)は、事前に参拝方法を知ることで、
お子さんが安心して参加することができます。

今回、おすすめスポットは、十三詣りが栄える関西と、東京の浅草寺をご紹介しました。

旅行を兼ねて、このようなお寺に行くのもいいと思います。

是非、参考にしてみてください!

こちらの記事も要チェック!
十三詣りとは?いつなの?発祥地や由来・意味など解説します!
十三参りの服装って女の子・男の子・親は何を着ればいいの?
十三参りの着物は肩上げが必要?小紋でもいい?振袖は成人式でも?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする