夏バテの症状をチェック!原因は何?予防と対策方法はあるの?

暑い季節になると、夏バテしやすいですよね。
自分が夏バテになっていることを気づかずに過ごしている人も
いるでしょう。

そのまま夏バテを見過ごすのは非常に危険です。

今回は、夏バテに関する予防と対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

夏バテの症状チェック

まずは、あなたが夏バテになっていないかチェックしてみましょう。

以下は夏バテ症状です。

・食欲が湧かない
・熱っぽい
・頭痛がする
・吐き気がある
・むくんでいる
・下痢
・便秘
・体がだるい
・ぼーっとする
・イライラする

3個以上当てはまった場合は、夏バテの初期段階だと思います。

6個以上当てはまった場合は、夏バテ症状にかかっている恐れがあります。
危険ですので、病院にかかったほうがいいかもしれませんね。

まずは、セルフチェックをし、あなたの体の状態をしっかり確認しましょう。

夏バテの原因は何?

では、一体なぜ、私たちは夏バテにかかってしまうのでしょうか。

①温度差により自律神経が乱れる

夏場は、家や職場、ショッピングモールなど、
どこに行ってもエアコンがガンガンかかっていますよね。

暑い野外から、キンキンに冷えた室内に入ると体は爽快感にみまわれますが、
じつはそれが夏バテの原因になることがあります。

なぜならば、温度差によって、あなたの体はたくさんのエネルギーを
消費してしまい、またエアコンの効きすぎた部屋は、体にストレスを与えてしまいます。

そのため、自律神経が乱れ、胃に負担がかかったり、体がだるく疲れやすくなり、食欲も低下してしまいます。

②うまく発汗されない

あまりにも暑く湿度の高い日が続くと、汗を出す毛穴が詰まってしまい、
うまく発汗できないことがあります。

そうなると、体の体温がうまく調節されません。

逆に、長い時間炎天下にいると、今度は汗をかきすぎてしまい、
体が水分不足になります。

③睡眠不足

夏場は、夜の寝苦しい日々が続きますよね。

そのせいで、睡眠不足になり、体が疲労回復できず
疲れがどんどん蓄積されてしまいます。

あなたに当てはまる原因はありましたか?

私は、職場が寒いことと、夜の寝苦しさが当てはまっていました。
夏場は、体調管理に気をつけなくてはいけませんね。

夏バテの予防と対策は?

スポンサーリンク

夏バテになっていない人は予防を、なってしまった人は対策をみていきましょう。

【予防】
食べ物で予防

→夏場は食欲が落ちやすい時期ですが、食べなければ体はどんどん
エネルギーを失ってしまいます。

そのため、口に入れるものは少なくても、栄養のある食べ物を摂取するよう
心掛けるといいですね。

疲労を回復させるのにオススメな食べ物は、ネギ、山芋、玄米、豚肉、うなぎ、豆。
高タンパクでエネルギーやビタミンの取れる食材がいいと思います。

また体を冷やさないために、冷たい飲み物や食べ物はほどほどにし、
温かい飲み物を取るよう心がけましょう。

室内の空調を調整

室内と外の温度差によって、夏バテになりやすいため、
なるべく室内の温度を下げすぎないようにしましょう。

私は、多少の汗をかくくらいが、発汗作用にもなりいいかと思います。
そのため、夏場は基本的に扇風機です。
どうしても耐えられない時や寝る前は、1時間程度エアコンをかけ、
部屋を涼しくします。長時間にわたるエアコンは、部屋を涼しく
しすぎてしまうかも。

良質な睡眠を心がける

良質な睡眠には、まずしっかり入浴することが大切。

夏だからといって、シャワーだけで済ます方は多いと思いますが、
エアコンなどで、意外にも体は冷えています。
しっかり湯船に浸かり、体を温めましょう。

寝る際は、私のように1時間程度エアコンをかけ、扇風機で暑さを和らげたり、
頭を氷枕などで冷やすといいかもしれませんね。

【対策】
すでに夏バテになってしまった方には、その症状を改善するための対策をご紹介します。

食事で疲労回復

食欲のないときは無理に食べろとは言いませんが、全く食べないのは体に毒です。

まずは水分をしっかり取った上で、食欲を増進してくれる辛い食べ物や
酸っぱい食べ物の摂取がオススメ。

夏に鍋を食べたりするのも、野菜が取れるし、食べやすくていいかもしれませんね。

また知らない間にたくさんの汗をかいてしまうため、塩分もしっかり取りましょう。

サプリメントで栄養補給

食事だけでは補えない栄養は、サプリメントで補ってもいいと思います。
ビタミン剤や栄養ドリンクなど、取り入れてみましょう。

症状が深刻になる前に医師に相談

長期にわたり、症状が改善されない場合は、かかりつけの医師に相談しましょう。

まとめ

夏バテは、悪化すると怖いですよね。

まずはしっかり予防をして、夏バテになってしまっても、
焦らずに周りの人に相談しましょう。

体が資本なので、食欲がなく全く食べないという行為は危険。
こんな時こそ、口に入れるものに気をつけてみませんか?

夏バテにならないように、自己管理をしっかり行いましょうね。

こちらの記事も要チェック!

夏バテした子供の症状は何があるの?原因は?対処法はある?
夏バテの原因と症状は?熱中症との違いは?防止対策はなにがある?
熱中症の高齢者の割合は?原因はなに?予防するにはどうすればいいの?
熱中症の子供への対処は?死亡することもある?夜発熱したらどうする?
熱中症の原因と症状は?予防対策は?熱中症対策の間違いとは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする