和菓子の日の意味や由来は?イベントやおすすめは?

6月16日は「和菓子の日」。

意外と知らない人が多いのですが、どうして「和菓子の日」ができたのでしょうか。

この記事では、「和菓子の日」に関して、解説していきます。

和菓子の日の意味や由来は?

「和菓子の日」の始まりは、848年(嘉祥元年)6月16日。

仁明(にんみょう)天皇が、病が治り、健康で幸せに暮らせるように祈るため
16個のお菓子などをお供えしました

※仁明天皇は、第54代の日本の天皇

これを機に、6月16日に、江戸時代まで、和菓子を食べる続いたんです。

この習慣の復活させたい、また、日本の和菓子の素晴しさを楽しみ、後世に伝え残していこうという思いから、1979年(昭和54年)、全国和菓子協会が、「和菓子の日」を定めました

和菓子の日のイベント

東京都にある赤坂山王日枝神社(あかさかさんおうひえじんじゃ)で、
6月16日の午後1時より、山王嘉祥(さんおうかしょう)祭が開催されます

当日は、東京和菓子協会の技術者が、神様の前で和菓子を作り、和菓子が多くの人に親しまれ発展することを祈り納めます。

この日、参拝者には、神供(じんく)といって、貝さ前のお供え物が配られるんです。

和菓子の日おすすめ

「和菓子の日」」直前には、和菓子で有名な”とらや”で、嘉祥(かじょう)菓子などが予約販売されます。

とらやの詳細はこちら

また、和菓子で有名な”たねや”でも、吉祥嘉祥(きっしょうかじょう)というお菓子が、販売されますよ。

たねやの詳細はこちら

せっかくなので、「和菓子の日」だけのお菓子を食べ、和菓子の良さを感じたいですね。

まとめ

「和菓子の日」は、日本の和菓子の素晴しさを楽しみ、後世に伝え残していこうという思いが込められています。

わたしは、和菓子が大好きなんですが、子どもたちにも、和菓子の良さを知ってもらいたいなと思っています。

「和菓子の日」には、是非、家族で和菓子を楽しんでみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする