雨の日の子供の過ごし方4歳児との6つの遊び方!

雨の日って、4歳の子どもは、体力が有り余っていて、親は疲れちゃいますよね。

そんな悩みを解決する方法があります!

この記事では、雨の日の子供の過ごし方4歳児との6つの遊び方!に関して、ご紹介します。

テレビを見る

我が家は、普段、子どもに、長時間、テレビを見せていません。

しかし、雨の日は、テレビに頼ります。

テレビと言っても、録画をたくさんしているわけではありません。

我が家では、テレビでdTVを見ることができるんです!

dTVは、動画サイトの中で、一番動画数が多いし、月額たったの500円なのでオススメ

そのため、子どもたちに何が見たいのか、選んでもらいます。

テレビ放送で流行っていないアニメがあるし、映画もあるので、
大人も子どもも楽しめちゃいます!(ちなみに、大人は「鬼滅の刃」にドはまりしました)

dTVをテレビで見るためには、AmazonでFire TV Stickを購入すればOK


Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン付属

このリモコンと、テレビに接続する機械がついていました。

リモコンは、テレビチャンネルにも対応していますよ。

Fire TV Stickは、dTV以外の動画サイトも見れますが(別途登録が必要)、
YouTubeが見れるところが、子どもにとっては魅力的!

今、子どもYoutuberで人気を集めている子もいるので、YouTube動画も、かなり喜びます。

勉強をする

4歳になってから、娘は、「ママ~、お勉強したい」と口にするようになりました。

そこで、常に、何冊かドリルを準備しておき、いつでも、勉強できるようにしています。

おすすめのドリルは、↓の2シリーズ。

右のうんこドリルは、数字も持っています。

4歳児、うんこ大好きです(笑)!

ちょうど、「うんこー!」と言って、喜んでいる時期なので、
うんこドリルは、4歳児にピッタリ。

左のおかねのドリルは、子どもにお金の勉強をさせたいなと思い、購入しました

なぜならば、

・電子マネー化しつつあるので、お札や硬貨を知る機会が減る
・お金の知識は、人生に必要

娘は、お金が大好きで、既に、自前のお財布も持っているため、お金の勉強が大好きです。

縄跳び

我が家はアパートですが、ベランダが広めなので、
娘は、保育園で覚えた縄跳びの練習をしています。

たった5分程度しか続きませんが、良い体力消耗になっているかな。

縄跳びは、100円均一に売っていますよ

トランポリン

子どもって、飛び跳ねることが大好きですよね。

でも、ソファでジャンプはちょっと・・、という方におすすめなのが、トランポリン。

だから、子どもの体力消耗には、もってこいなんです。
また、大人も使えるので、いいトレーニングになりますよ。

お菓子作り

お菓子作りと言っても、難しいものは作りません。

おすすめは、

・ホットケーキ
・クッキー(卵1個でできる市販のものがあります
・フレンチトースト

「自分で作れば、美味しでしょ?」という、食の勉強にもなるかなと思います。

娘は、自前のエプロンを持っているので、かなり張り切って、お菓子を作りますよ!

お絵かき

お絵かきは定番ですが、飽きてきたら、少し変わった塗り絵をさせています。

それは「マンダラ塗り絵」というもの。

「マンダラ塗り絵」の詳細と無料ダウンロードは↓のURLで見れます!

https://yubisakiclub.com/mandala-nurie

これは、子どもが意外と集中してくれるし、大人もハマります

出来上がったものは、可愛らしくて、飾っておきたくなりますよ。

なんでも、瞑想効果があるみたいです!

自宅でカラオケ

娘は、こないだのクリスマスプレゼントに、サンタさんから、こんなものを貰いました。

これで、自宅カラオケできるんです!

構造としては、スマホとBluetoothでつないで、
スマホから発信する音楽を流せるという仕組み。

そのため、大人も楽しめるし、色んな局が歌えちゃいます。

お値段もかなりお手ごろで、サンタさんも、ビックリしていました(笑)


Tosingカラオケマイク 子供のマイク おもちゃ 誕生日プレゼント 女の子 人気 高音質カラオケ機器 Bluetoothで簡単に接続 無線マイク 一人でカラオケ Android/iPhoneに対応 日本語説明書付き(ブルー)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、雨の日の子供の過ごし方4歳児との6つの遊び方!についてご紹介しました。

これで、雨の日の、4歳児との過ごし方も、問題ありませんね。

是非、参考にしてみてください。

こちらの記事も要チェック!

1歳の子どもの日室内遊び5選!我が家事情をご紹介します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする