雨でスニーカーが濡れたときにやるべき手入れは5つある!

雨でスニーカーが濡れてしまったとき、どのように手入れしたらいいのか、
正しい方法が分からないですよね。

そんな、雨で濡れたスニーカーの手入れ方法が、一瞬で解決できる方法があります。

この記事では、雨でスニーカーが濡れたときにやるべき手入れは5つある!に関して、
ご紹介します。

スニーカーが濡れたときの手入れ

1.スニーカー全体を濡らす

雨で、既に濡れているスニーカーを、どうして、また濡らすのかというと、雨染みを防ぐためなんです。

このとき、スニーカーの素材に注意してほしいんですが、布製のスニーカーの場合は、水で洗っても大丈夫

しかし、皮や合皮の場合は、水洗いしてしまうと、皮が痛んでしまうので、布を水で濡らし、優しく、スニーカーの表面を拭きましょう。

2.スニーカーの中に新聞紙かキッチンペーパーを含ませる

新聞紙やキッチンペーパーは、水分を、よく吸収する効果があり、スニーカーの水分を、抜くことができます。

しかし、新聞紙を使うと、インクが染みてしまうことがあるので、白いスニーカーなど、インク染みが目立つ色の場合は、キッチンペーパーを使用してください

新聞紙やキッチンペーパーを入れたら、30分から1時間ごとに、
新しいものと入れ替えてください。

そうしないと、スニーカーの水分を、吸収できなくなります。

3.風通しの良い場所で乾かす

乾かすときは、必ず、日陰の風通しの良い場所を選んでください

なぜならば、塗れたスニーカーを、日に当ててしまうと、スニーカーの型が崩れてしまうことがあるからです。

気をつけてくださいね。

早く乾かしたい場合は、↓の記事を参考にしてみてください。
濡れたスニカーを乾かす方法は正しく・早くできる秘訣がある!

4.ブラシで汚れを落とす

スニーカーが乾いたら、ブラシで、残っている汚れを落としてください。

使用するブラシは、毛が硬すぎると、スニーカーを傷つけてしまうので、
柔らかいブラシを使ってください。

馬の毛は、柔らかくておすすめ!

防水スプレーは、スニーカーが濡れないようにするためでもありますが、
じつは、汚れを防ぐ効果もあるんです。
皮のスニーカーの場合は、皮のひび割れを防ぐためのクリームを塗ってから、
防水スプレーで仕上げてください

これで、雨でスニーカーが濡れても、正しい方法で、手入れできますね。

是非、参考にしてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする