雨に濡れたスニーカーが臭いときの手入れの秘訣や理由!

雨に濡れたスニーカーを、放置していたら、臭くなってしまい、
ニオイが取れないなんてこと、ありますよね。

雨に濡れたスニーカーが臭いという悩みを、一瞬で解決できる方法があります。

この記事では、雨に濡れたスニーカーが臭いときの手入れの秘訣や理由!について、
ご紹介します。

スニーカーが臭いときの手入れ方法

【用意するもの】

・お湯
・洗濯用固形石鹸(ウタマロが手に入りやすいと思います)
・酸素系漂白剤(粉タイプ)
・靴を洗うためのブラシ
・バケツ

【手入れ方法】

1. スニーカーを洗う

洗濯用固形石鹸とお湯(40℃程度)で、スニーカーを、ブラシで洗い、
お湯で、泡をしっかりすすぎます。

2. 酸素系漂白剤につけ置き

バケツに50℃のお湯をはり(スニーカーに被るくらい)、そこに、酸素系漂白剤を入れます。酸素系漂白剤の分量は、購入した商品のうらに、目安の分量が記載されているので、そこを参考にしてください。

1時間程つけ置きしたら、スニーカーを、40℃程度のお湯で、しっかりすすいでください。

3. スニーカーを乾燥させる

風通しの良い場所で、洗ったスニーカーを干します。

靴の乾燥方法は、↓の記事を参考にしてみてください!
濡れたスニカーを乾かす方法は正しく・早くできる秘訣がある!

雨で濡れたスニーカーが臭い理由

雨で濡れたスニーカーが臭い原因は、『雑菌』です。

あなたにも、こんな経験、ありませんか?

夜、洗濯機を回したにもかかわらず、干すことを忘れて寝てしまい、翌朝、干そうとしたけど、洗濯物が臭うという経験。

わたしは、よくあります!

濡れた洗濯物の臭いは、雨で濡れたすスニーカーが臭う原因と同じなんです

構造としては、濡れたスニーカーを、そのまま放置してしまうことで、スニーカーに雑菌が繁殖し、その雑菌が、臭いの原因のもととなります。

このことから、濡れたスニーカー(洗濯物もですが)は、放置しないこと!

やはり、しっかり洗って、乾かしてあげることが、大切です。

スニーカーの洗い方に関しては、↓の記事を参考にしてみてください!
雨でスニーカーが濡れたときにやるべき手入れは5つある!
靴の脱水を正しい方法で行う秘訣は5段階ある!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、雨に濡れたスニーカーが臭いときの手入れの秘訣や理由!をご紹介しました。

これで、雨に濡れたスニーカーの臭いに、悩むことは無くなりますね。

是非、参考にしてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする