靴の脱水を正しい方法で行う秘訣は5段階ある!

靴が濡れたとき、靴の水分を減らしたくて脱水したくなりますが、
靴が傷まないように行いたいですよね。

靴の脱水に方法が、一瞬で解決できる方法があります。

この記事では、靴の脱水を正しい方法で行う秘訣は5段階ある!ということに関して、
ご紹介します。

靴の脱水方法

靴を脱水するとき、そのまま靴を洗濯機に入れてしまうと、靴を傷つけたり、洗濯槽に大きな衝撃が加わってしまいます

そのため、摩擦や衝撃を限りなく避ける、靴の脱水方法を、ご紹介します。

1.靴底に挟まっているものを取り除く

靴底には、小石や、ガムがべったりくっついていることがあります。

そのようなものは、予め、歯ブラシなどを使って、取り除いてください。

事前に靴を洗う場合は、↓の記事を参考にしてみてください!
雨でスニーカーが濡れたときにやるべき手入れは5つある!

2.靴ひもと中敷きを外しておく

靴の乾きが早くなります。

3.タオルで靴を1足ずつくるむ

タオルで靴をくるんだら、端を、ひもなどで結んでおきましょう。

4.靴をネットに入れて脱水

脱水時間は2.3分です。

5.乾かす

靴の乾かし方は、↓の記事を参考にしてみてください!
濡れたスニカーを乾かす方法は正しく・早くできる秘訣がある!

靴の脱水のポイントは、タオルでくるむということ

このひと手間で、摩擦や衝撃を防ぐことができます。

また、靴の型崩れが気になる場合は、靴の中に、タオルを敷き詰めておきましょう

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、をご紹介しました。

これで、靴の脱水方法に迷いませんね。

是非、参考にしてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする