「食べる女」という映画の感想は、和製セックスアンドザシティだった!

週末のお昼過ぎ。

夫と娘は、買い物へ。

1歳の息子は、お昼寝タイム。

わたしはというと、おひとり様ゴールデンタイム!!

ということで、久しぶりに、ゆっくり映画でも見ようかと、dTVを開いてみました。

すると、以前から気になっていた「食べる女」という映画があったので、見てみたんです。

気付けば、夫と娘が帰宅していることにも気が付かないほど、映画に没頭していました。

「食べる女」という映画を見て思ったことは、まるで和製セックスアンドザシティ。

この記事では、食べる女」という映画の感想は、和製セックスアンドザシティだった!に関して、ご紹介します。

「食べる女」という映画の感想


この記事のタイトルにも書きましたが、「食べる女」という映画の感想は、
和製セックスアンドザシティだったんです!

どこが和製セックスアンドザシティだったのか、ポイントをご紹介します。

①様々な女性の男関係を描いている

刺激のない恋人をもつ女、いきなり離婚を言いつけられた専業主婦、ありえないと思った男に惚れてしまうキャリアウーマン、一夜限りの男ばかりの女、元夫の子を妊娠した女。

このような、訳アリ女が、たくさん出てくるところは、
まさに、セックスアンドザシティです

②女同士で語り合うシーン

大人の女性同士が、自身の男に関して、語り合うシーンがあるんですが、
これがいいんです!

わたしは結婚しているので、独身時代のことを思い出したり、新たな考え方を見出すことができたりと、なんだかしんみりしてしまいます。

③美味しいご飯を楽しむ

セックスアンドザシティは、4人がお酒を飲むシーンが多い中、「食べる女」は、
タイトル通り、食を楽しんでいます

出てくる女たちは、食から、新たな人生を歩みだしていくんですが、
これがかっこいいんですよね。

刺激が欲しいワーキングマザーにピッタリの映画でした

母親になって、毎日忙しくしていると、「なんか刺激的なことがないかな」と思うことがありますよね。

でも、夜遊びなんかできないし、独身時代のようにバカ騒ぎもなかなかできない。

そんなときは、是非「食べる女」という映画を見てください。

それも一人で。

そうすると、

・独身時代のことを思い出す
・夫との出会いや恋愛をしていた頃を思い出す
・大人な時間を過ごすことができる
・女っていいなと思える
・食べることの大切さを感じられる
・明日からも頑張ろうと思える
・自分磨きをしようと思える

こんなメリットがあります。

ただし、少々刺激的なシーンがあるので、そこは、一人の女として見てみてください。

まとめ

「食べる女」という映画、わたしは、久しぶりに、いい邦画に出会えたなと思いました。

昼過ぎに見てしまいましたが、夜、一人でこの映画を見たら、
もっと、物思いに浸れると思います。

「生活に刺激が足りない」というワーキングマザーには、是非オススメしたい1本です。

参考にしてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする