布ナプキンを洗うための洗剤のおすすめ・洗濯方法・干し場所マニュアル

布ナプキンを使い始めると、初めは正しい洗濯方法が分からず、
うまく汚れが落とせないことがありますよね。

そんな、布ナプキンの洗濯に関する悩みが、一瞬で解決する方法があります。

今回は、布ナプキンを洗うための洗剤のおすすめ・洗濯方法・干し場所マニュアルに関して、
ご紹介します。

布ナプキンを洗うときに使う洗剤のおすすめ

わたしがおすすめする洗濯洗剤は、『arau(アラウ)』です。

どうして、この洗剤がおすすめなのかというと、

・無添加せっけんが使用されている
・合成界面活性剤・蛍光剤・漂白剤・合成香料・着色料・保存料が入っていない
・赤ちゃんの服も洗える
・ニオイがきつくない(天然ハーブ100%)

我が家には、1歳の息子がいますが、家族全員、『arau(アラウ)』で洗濯をしています。

よく、赤ちゃんと大人の服を分けて、洗濯する人がいますが、かなり手間ですし、
光熱費もかかりますよね。

だったら、家族全員、赤ちゃんの服も洗える洗濯洗剤を使えばいいじゃん!、という発想で、上の子が生まれてから約4年程、『arau(アラウ)』で洗濯をしています。

赤ちゃんの服も洗えるということは、布ナプキンを洗っても大丈夫!

布ナプキンを洗うときに使う洗剤は、合成界面活性剤・蛍光剤・漂白剤・合成香料・着色料・保存料がなるべく入っていない、せっけん洗剤がおすすめなんです

なぜならば、

・布ナプキンの生地を傷めない
・防水効果が持続しやすい
・デリケートゾーンにあたる部分なので、刺激の強い洗剤は肌荒れを起こす可能性がある

このことに注意して、洗剤を選んでみてください。

布ナプキンをつけ置きするときの洗剤

布ナプキンは、すぐに洗濯をしない場合は、つけ置きをしておきましょう。

わたしは、紙ナプキンでかぶれるあなたにオススメします!布ナプキン『Sunny Days』
を購入した時に、セットでついてきたバケツに、つけ置きをしています。

蓋がついているので、中が見えなくて安心

布ナプキンのメリットとデメリット、生理痛への効果やおすすめメーカー!

つけ置きは、ただ水を入れればいのではありません。

そこに、セスキ炭酸ソーダを入れることで、汚れがかなり落ちます!

わたしは、記載されている分量より少し濃いめにして、つけ置きします

1時間程つけ置きしただけでも、かなり汚れが落ちていて、その後、洗濯をすれば、
きれいさっぱり。

布ナプキン 洗濯方法

1.布ナプキンを水かぬるま湯で、軽く洗っておく

2.ネットに入れて洗濯する

つけ置きをする場合も、必ず1の工程は行ってください。

そうしなければ、汚れの落ち方が、全く変わってきます。

1のときは、布ナプキンに水を含ませ、軽く絞る

これを何度か繰り返し、血液があまり出てこなくなるまで、繰り返します

布ナプキンの干し場所

布ナプキンの干し場所は、殺菌効果があることから、日干しがいいのです

しかし、わたしは、ワーキングマザーなので、布ナプキンが乾いても、すぐに取り入れることができません。

そのため、以前、長時間、日干しをしてしまったら、布ナプキンの生地が、
かたくなっていました。

なので、布ナプキンが乾いて、すぐ取り入れることができない日は、
風通しの良い日陰がおすすめです

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、布ナプキンを洗うための洗剤のおすすめ・洗濯方法・干し場所マニュアルに関して、
ご紹介しました。

これで、布ナプキンの洗濯方法に関する悩みが、解決できますね。

是非、参考にしてみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする