お中元の挨拶に一言添えて手渡し!渡し方や袋はどうすればいいの?

お中元を準備したは良いものの、手渡しのときに一言何を言えばいいのか悩みますよね。

また、手渡しする際、渡し方や袋は、どうすればいいのでしょうか。

そんな悩みを一瞬で解決できる方法があります。

今回は、お中元の挨拶に一言添えて手渡し!渡し方や袋はどうすればいいの?に関して、
ご紹介します。

お中元の挨拶に一言添えて手渡し

お中元を手渡しするときに、無言で渡すのは失礼ですよね。

なにか一言添えて渡しましょう。

どんな言葉を添えればいいのでしょうか。

例を出す前に、言ってはいけない一言を先にお伝えします

その一言とは、「つまらないものですが」です

なぜならば、お中元は、日ごろの感謝を込めて贈るもの。

それなのに、つまらないものを贈るとは、失礼にあたるからです

気をつけましょうね。

お世話になっている方への一言

1.いつも○○がお世話になっております、ほんのお気持ちですがお納めください。
2.いつも○○がお世話になっております、形ばかりの印ですけれどお納めください。
.○○が大変お世話になっております、気持ちばかりですけれどお納めください。

ビジネスでの一言

  1. いつも大変お世話になり、ありがとうございます
  2. 心ばかりの品ですが、ご笑納(しょうのう)ください
  3. 今後とも、どうぞよろしくお願い致します

お中元を手渡しするときの渡し方

  1. お中元を紙袋や風呂敷から取り出し、お中元の正面を自分に向け、机などに置く
  2. お中元を自分で確認し、時計回りに90度回し、もう一度90度回す
  3. 相手にお中元の正面を向け、両手で渡す

畳の上での場合は、両手でお中元を滑らせるように、相手に渡してください。

堅苦しい私方は避けたい場合、お中元を紙袋や風呂敷から取り出したら、すぐに、相手側にお中元の正面を向け、両手で渡しましょう。

お中元を手渡ししたら袋はどうする?

ひとにものを贈るとき、紙袋も一緒に渡すことが、一般的ですよね。

しかし、お中元の場合は、持参した紙袋は、さっとしまい、自身で持ち帰りましょう

どうしてなのかというと、そもそも、お中元を風呂敷や紙袋で包む意味は、「ホコリ防止」を意味しています。

そのため、「ホコリ防止」として使った紙袋を、お中元を渡すときに、一緒に差し出すのは、失礼にあたるからです

ついつい、日ごろのくせで、紙袋を渡してしまいそうになりますが、注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、お中元の挨拶に一言添えて手渡し!渡し方や袋はどうすればいいの?を、
ご紹介しました。

これで、お中元を手渡しすることに悩みませんね。

是非、参考にしてみてください!

関連記事はこちら↓↓

娘の嫁ぎ先にお中元は必要?マナーやおすすめの贈り物をご紹介します!
お中元のお返しは必要?マナーはなにがある?おすすめはなに?
お中元の時期と意味は?金額は?選び方はどうすればいいの?
お中元のお礼状の例文ビジネス3選!メール・はがき・お断りしたいとき

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする