ヘアチューニングとは?縮毛矯正との違いは?デメリットはあるの?

あなたは「ヘアチューニング」をご存知ですか?

まだ知らない方の方が多いと思いますが、
ストレートパーマや縮毛矯正のような、くせ毛の方のための
救世主なんです。

知らない方は、是非この記事で知ってくださいね。

☆関連記事はこちら☆

くせ毛は美容室でキュビズムカット?評判はどう?料金はいくらなの?
縮毛矯正やめた!くせ毛生かしたカットは?スタイリングは?
キュビズムカット失敗?くせ毛でショートは楽?スタイリング剤は?
くせ毛はショートでうねりは?髪を伸ばしたいけど切りたい?カットの頻度
くせ毛で縮毛矯正やめたい!パサパサが改善?パサつき広がり改善シャンプー?
湿気による髪のうねりの原因は?対策方法は?縮毛矯正は必要なの?
スタイリング剤の髪への影響は?傷みはあるの?髪に優しいものはどれ?
髪の毛がボサボサになる原因は何?朝まとまるためにはどうしたらいいの?

ヘアチューニングとは?

ヘアチューニングとは、
「髪本来持つ水分やタンパク質を整え、髪を基本の形に戻す施術」のことを言います。

つまり、髪を根本から改善してくれるんです。

そんな素晴らしい施術があったなんて、驚きですよね。

メリットとしては、
・ナチュラルストレートになれる
・髪へのダメージがほぼない
・髪がツヤツヤのサラサラ
・髪のボリュームダウン
・匂いがきつくない
・お財布に優しい(約3,000円〜6,000円程度)
・施術時間が長くない(約20〜30分)

いかがでしょうか。

とても魅力的な施術ですよね。

一見、縮毛矯正と似た点もありますが、
縮毛矯正との違いはなんなのでしょう?

ヘアチューニングと縮毛矯正の違いは?

ヘアチューニングは、薬剤や熱を利用して、
強制的に髪をストレートにする施術ではないんです。

スポンサーリンク

そのため、縮毛矯正やストレートパーマと違い、自然な流れの髪に近づくことができます。

また薬剤を使用しないため、髪へのダメージがほとんどないこともありがたい。

今までに、縮毛矯正やストレートパーマを繰り返し、
髪が傷んでしまった方には、とてもオススメです。

こんなにいいところしかないヘアチューニング。
反対に、デメリットはあるのでしょうか?

ヘアチューニングのデメリットは?

デメリットとしては、
・持続期間が短い(約1.2ヶ月)
・施術できる美容院が少ない

デメリットといっても、髪の負担に関することや、金額のことではないですよね。

私の意見としては、これから一生、縮毛矯正やストレートパーマをかけ続け、髪のダメージを蓄積するよりかは、
ヘアチューニングで、髪を傷めず自然なストレートを手に入れた方が、かなりいいと思います。

また縮毛矯正やストレートパーマをかけていると、
いつもと同じ髪型しかできなかったり、ヘアカラーで遊べなかったりと狭い世界でしか、髪型を楽しめないと思います。
髪のダメージを減らしていけば、自ずと髪質も改善されていくと思うので、ヘアチューニング、かなりいいんではないでしょうか。

まとめ

ヘアチューニングはくせ毛に悩む人々にとっては、
とてもいい施術方法だと思います。

まヘアチューニングは持続性が縮毛矯正やストレートパーマよりも短いですが、ホームケアも同時に行っていくことで、より効果が発揮できるのはないでしょうか。

早速、あなたの家から近い距離のサロンにヘアチューニングが導入されてないかチェックしてみましょう。

そして憧れのストレートヘアーを手に入れちゃいましょうね。

くせ毛シャンプー★5日分サンプル送料無料【クイーンズバスルーム】

こちらの記事も要チェック!
湿気による髪のうねりの原因は?対策方法は?縮毛矯正は必要なの?
スタイリング剤の髪への影響は?傷みはあるの?髪に優しいものはどれ?
髪の毛がボサボサになる原因は何?朝まとまるためにはどうしたらいいの?
くせ毛は美容室でキュビズムカット?評判はどう?料金はいくらなの?
縮毛矯正やめた!くせ毛生かしたカットは?スタイリングは?【キュビズムカット続編】
NEWくせ毛はショートでうねりは?髪を伸ばしたいけど切りたい?カットの頻度【キュビズムカット続編】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする