赤ちゃんが蚊に刺された際の症状は?対策は?対処はどうしたらいいの?

我が子は、2歳になるまで蚊に刺されると、
肌が異常に腫れたりと色々大変な思いをしました。

赤ちゃんは、ただでさえ蚊に刺されやすく、親はヒヤヒヤしますよね。

安易に大人と同じお薬を使うことは怖いですし・・。

今回は、赤ちゃんの蚊に刺されについて、私の経験も交えてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんが蚊に刺されるとどんな症状が出るの?

我が子は、蚊に刺されると、刺された箇所がポンポンに腫れ、
症状が広がったりしたいました。

また時には熱を出すこともありましたよ。

これらの症状は、アレルギー反応によって引き起こされているそうです。

そもそも、蚊は、血を吸う際に蚊の唾液を対象物の体内へ流します。
その唾液の成分は、血を固まりにくくするものや、痛みを感じにくくする作用の物質が含まれています。

それらを含む唾液が、赤ちゃんの体内に入ることで、免疫の低い赤ちゃんはアレルギー反応を起こしてしまうそうなんです。

そのアレルギー反応が、皮膚の腫れや熱となります。

症状は赤ちゃんによっても様々ですが、我が子は、なかなか肌の症状が改善されませんでした。

赤ちゃんが蚊に刺されないための対策は?

赤ちゃんをなるべく蚊に刺されないようにするためには、
外出先を選ぶ必要があります。

蚊の多い場所、例えば蚊の集まりやすい水辺や山など、
そういった場所は避けた方がいいと思います。

自然の中でのびのび育った蚊は、格段にかゆみが増しているような気がしますし、大きさも都会の蚊より大きいような。

また、外出する際は、赤ちゃんにも使える虫除けスプレーを持参するといいです。

私は、ハッカ油を使って、虫除けスプレーを作っています。

【作り方】

①ハッカ油を無水エタノール10mlに5〜10滴ほど垂らして混ぜる。
②水を90mlを①に混ぜわせ、スプレーボトルに入れる。この時、
スプレーボトルはポリエチレン製は使用しないでください。なぜならば、
ハッカ油はポリエチレンを溶かす作用があるからです。表記はPSと書かれていると思います。

スポンサーリンク

これだけです。とっても簡単で安心。
ハッカ油と無水エタノールは、薬局で購入していますよ。

是非試してみてください。

その他の対策としては、家のドアや窓に
吊り下げる式の蚊よけを置いておくなどもいいと思います。

赤ちゃんが蚊に刺されてしまった際の対処は?

我が子の時は、初めは心配になり皮膚科に行きました。
先生からは炎症を抑えるお薬をもらいましたが、そのうち引くからねと言われ、そのうち引くならと薬は2日ぐらいしか塗らなかったですね。

本当に何もしなくても治りましたし、当時娘は蚊に刺された箇所を掻くこともなかったので、症状は悪化しなかったんです。

しかし、熱が出た時は焦りましたね。
こうも、蚊にやられるのかと。
ですが、熱も一晩で治りました。

蚊に刺された時に対処方は人によって異なるかと思いますが、
私の意見としては、

①まずは2、3日様子を見る
②子供が痒がってぐずったり、症状がひどくなってきたらお医者

がいいかと思います。
安易に、市販のお薬を使用することはオススメできませんね。
痒みは刺された箇所を冷やすと、多少は改善されますよ。

是非参考にしてみてください。

まとめ

赤ちゃんが蚊に刺されると、大人とは異なる症状が出てくるので焦りますよね。
まずは、なるべく蚊に
刺されないように事前に対策をとりましょう。

万が一、蚊に刺されても、
焦ることなく症状をしっかりみましょう。

ひどくなってきたら、市販のお薬ではなく、かかりつけ医に相談する方がいいと思います。

こちらの記事も要チェック!
子供のイヤイヤ期とは?原因は何かある?乗り越え方はあるの?
鈴鹿サーキット2歳の子の料金は?モートピアのおすすめは?待ち時間は?
ブルーライトって何?子供にどう影響するの?軽減方法はあるの?
夏バテした子供の症状は何があるの?原因は?対処法はある?
車移動 赤ちゃんはいつから可能?休憩は?長距離ドライブへの必需品は?
おせちを子供用に手作りする方法は?喜ぶものは何?盛り付け方はどうする?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする