新入社員の夏のボーナスの平均は?基準日はいつ?使い道はどうする?

もうすぐ夏のボーナス。

支給日まで一体いくら支給されるかわからないので、ワクワクドキドキしますね。

しかし、新入社員の場合、先輩たちとは働いている期間が違うため、夏のボーナスがいくらもらえるのだろう、はたまたボーナスなんてあるのだろうかと疑問に感じませんか。

そこで今回は、新入社員の夏のボーナスについてお話しします。

新入社員の夏のボーナス平均は?

キャリアパーク転職によると、新入社員の初めての夏のボーナス平均額は約5万円〜10万円

また、大卒新入社員の夏のボーナスの平均額が約9万円、高卒の平均額が約8万円とのこと。

やはり、新入社員の初めての夏のボーナスは寸志ということになりますね。

※寸志とはお世話になった方へのお礼や感謝を表現する、気持ち程度の金銭や品のこと。

そのため、新入社員の初めての夏のボーナスは、あまり高額を期待しない方が良さそうです。

会社によっては、ない可能性もあります。

夏のボーナスの基準日は?

ボーナスの基準日とは、あなたが勤めている会社が決めた基準日に、会社に在籍していない場合、ボーナスはもらえませんよという日

基準日は会社によって異なりますが、夏のボーナスの支給日一ヶ月前や、夏のボーナスが支給される日に在籍している必要がある場合もあります。

気になる方は、一度あなたの会社に問い合わせてみましょう。

ちなみに、国家公務員の基準日は、夏のボーナスは6月1日で、支給日は6月30日だそうです。

夏のボーナスの使い道は?

「第35回 Ponta消費意識調査 2019年6月」によりますと、2019年夏のボーナスの使い道は、

1位 貯金・預金
2位 旅行
3位 外食
4位 食品
5位 衣服

相変わらず、1位は貯金・預金。

ここは、果たして、変わる時代が来るのか・・。

やはり、ボーナスは、貯金はよけておいて、余ったお金の使い道をどうするか、というパターンが、一般的ですね

まとめ

新入社員の夏のボーナスは、あまり高額ではないものの、もらえる可能性があります。

気になる方は、一度会社に基準日など聞いてみてもいいかもしれませんが、新入社員という立場上、聞きづらいと思います。

そのため、あまり期待せず、もらえたらラッキーという気持ちで、構えていた方がいいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする