浴衣の染み抜きは自宅でできる?方法は?クリーニングは必要なの?

浴衣を着ようと、押入れから浴衣を出してみると、
見覚えのないシミが、なんてことありませんか?

また誰かから浴衣を譲り受けたはいいが、
長年保管されていたため、所々にシミがあるなんてことも。

今日は、そんな浴衣のシミについてご紹介します。

スポンサーリンク

浴衣の染み抜きは自宅で可能?

浴衣の染み抜きは自宅でも可能です。

特に、手ぬぐいなどに使用される木綿素材ですと、
自宅でも染み抜きしやすいそうです。

しかし、確実に落とせるかはやっていないと分かりません。

古いシミだったり、麻や絹素材の浴衣の場合、染み抜きのプロに任せることがおすすめですが
そうでないのであれば、正しい方法で、染み抜きを自宅で実践してみましょう。

浴衣の染み抜き方法は?

まず、あらかじめお伝えしますが、浴衣を自宅で染み抜きされる方は、自己責任でお願いしますね。

それでは、まず先ほどもお伝えしましたが、あなたがお持ちの浴衣の素材を確認してください。
○木綿
×麻、絹

素材を確認したところで、染み抜き方法をお伝えします。

【基本情報】
・浴衣は繊細な衣類のため、手洗いが基本
・洗う際は、冷たい水を使用(ぬるま湯は、色落ちの原因になります)
・浴衣を洗う場合、色移り防止のため、必ず1着ずつ洗うこと

スポンサーリンク

【染み抜き方法】

①シミ部分にお風呂のお湯温度くらいのお湯と、固形石鹸を使用し、それをしっかり泡立ててもみ洗いする。この時、ゴシゴシと洗わないよう注意。

②お湯に酸素毛漂白剤を、染み抜きに使用する分だけ溶かし、水で1〜2時間ほど付け置き。漂白剤は色物でも大丈夫なものを使用すること。

③漂白剤をしっかりすすぎ、手洗いで浴衣を丸洗いする。

④シワをしっかり伸ばして干す。乾燥機は浴衣が縮んでしまうためNG!また干す際は、型崩れしないよう、注意しながら干す。

⑤当て布をしてアイロンをかける

このように、繊細な浴衣なため、丁寧に洗うことが大切です。
是非お試しください。

浴衣の染み抜きはクリーニングが必要?

自宅でシミ抜きが上手くできれば、クリーニングに出す必要はありませんが、麻や絹の浴衣、自宅では落とせないシミの場合は、プロに任せましょう。

しかし、クリーニングの場合、別途染み抜き代がかかります。

そのためシミが多い浴衣は、高くつく可能性があります。

そんな時は、新しい浴衣を買う方が安いのか、考えましょう。

また着物や浴衣専門のクリーニング店があれば、そこに依頼すると染み抜きや色落ちをしっかりサポートしてくれるはずですよ。

まとめ

浴衣の染み抜きは、浴衣の素材やシミの具合によっては、
自宅でもできちゃいます。

浴衣は繊細なので、丁寧に扱いながら染み抜きしましょう。

自宅での染み抜きが無理な場合は、大事な浴衣をダメにする前に、プロに染み抜きを任せちゃいましょうね!

こちらの記事も要チェック!
浴衣の襟の汗対策はどうする?帯の場合は?背中はどうしたらいいの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする