浴衣の襟の汗対策はどうする?帯の場合は?背中はどうしたらいいの?

浴衣といえば夏に着ることが多いですが、汗を掻くと気持ち悪くなりますよね。

襟元、帯を締めている部分、背中などは、汗をかいても拭くことができず、
気持ち悪いまま過ごさなくてはなりません。

この記事では、浴衣の汗対策について、解説していきます。

浴衣の襟汗対策は?

浴衣の襟は、浴衣につけるつけ襟があります

楽天で調べてみたところ、柄やデザインが豊富で安いのものだと2000円程度。

浴衣・浴衣ドレスにちょい足し! 和装用デザイン 半襟 付け襟[卒園式 半襟 七五三 ひな祭り 和装 着物 着物ドレス レース パール 付け襟 楽天 通販]キャサリンコテージ

価格:1,944円
(2018/4/29 12:56時点)
感想(1件)

つけ襟は、浴衣のワンポイントにもなり、汗対策としても活用できるので一石二鳥。

タオルを首に巻くよりも、つけ襟の方が可愛いのでオススメ!

浴衣の帯の汗対策は?

帯に汗を掻くと、ついつい帯の中に手を入れたくなりますが、
帯の形が崩れてしまうので要注意

帯の汗対策としては、帯を締める前に、腰にタオルを巻きましょう。

そうすることで、帯を締めた際のウエスト部分の小じわ対策、また着崩れ防止になるんです。

帯を締める前にタオルを巻くので、汗も直接吸い取り、帯の汗じみ対策にもなりますよ。

タオルは見えない場所に巻くので、安心ですよね。

またタオルに保冷剤を仕込んでおくのもワザです。冷えピタでも代用できます。

ただしお腹を下しやすい方には、あまりオススメできませんが、
そうでない方は、お試しあれ。

浴衣の汗背中はどうする?

背中の汗対策としては、和装用の下着を着用することがオススメ。ワンピース型のものでも、上下別になっているものでも大丈夫です

綿素材なので、肌に優しく、また白地がですので肌着が透けてしまうのを防いでくれます。

ステテコタイプですと、太ももあたりなどの汗が張り付くことなく快適。

和装用の下着は、つけ襟付きのタイプもあるので、襟と背中の両方の汗防止に。

また、和装用の下着でなくても、あなたが既にお持ちの肌着でも大丈夫。

カップ付きのインナーで、汗を吸ってくれる素材のものだと、
胸元が締め付けられることなく浴衣が着れます。

脇汗も気になるなという方は、汗取りパッド付きのブラキャミソールがオススメ。

肌着の丈ですが、ローライズですと帯周りと重なることがないので、汗による蒸れを防止できます。また、トイレの時も便利だと思いますよ。

肌着は、着用前に冷感スプレーを仕込んんでおくこともオススメ。スプレーは持ち歩きもできるので、便利。

かりん/ ひんやりスプレー 夏凛クールミスト スプレー 携帯用 30ml×2本 クールスプレー UVカット 虫よけ 消臭 服 枕 靴下 帽子など 幅広く使える冷却 冷感 スプレー あり ヒアリ 蟻 よけにも

価格:1,000円
(2018/4/29 13:13時点)
感想(2件)

まとめ

浴衣を着て気持ちよく過ぎしたいのであれば、汗対策は必須。

汗をかきやすいところは、重点的に対策をしましょうね。

もちろん、うちわや扇子もお忘れなく。

夏は汗を気にせず、浴衣を思いっきり楽しみましょう!

こちらの記事も要チェック!
浴衣の染み抜きは自宅でできる?方法は?クリーニングは必要なの?
浴衣サイズの選び方は?直し方はどうすればいいの?下駄のサイズは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする