墓石の汚れの原因は?綺麗にするための道具は?クリーニング方法は?

1年に何回かは、お墓お参りの後にお墓のお掃除をしませんか?

その際、なかなか綺麗にならない汚れがあると思います。
業者に頼んで綺麗にしてもらうことまでは
考えていないというあなた。

今日は、自分でできるお墓の掃除方法をご紹介します。

スポンサーリンク

墓石はなぜ汚れるの?

そもそも、なぜ墓石は汚れてしまうのでしょうか。
汚れの原因には2種類あり、日々の汚れの積み重ねと経年変化と分けられます。

【日々の汚れの積み重ね】
花粉、埃、苔、カビ、動物のフンと汚れの元は様々ですが、これらを長期にわたって放っておくと、墓石にシミや班模様ができます。

また、大気中にある汚染物質が、雨や湿気で墓石に付着し、それらが固まり、
墓石に密着することもあります。
特に、水が溜まりやすいつなぎ目や細かい部分は汚れが溜まりやすいので注意。

【経年変化】
墓石は天然の石でできているので、排気ガス、酸性雨、潮風など、お墓のある場所の環境によって、墓石が経年変化します。

例えば、墓石の変色、ツヤがなくなる、雨水によるサビなどが挙げられます。

経年変化は基本的には汚れではないので、掃除で綺麗にできるものではないそうです。
墓石のツヤや変色は、やはりプロにお任せした方がいいです。

墓石を綺麗にするための道具は?


掃除道具は特別なものを揃える必要はありません。
ホームセンターなどには、必要な道具が既にセットになって販売されています。

スポンサーリンク

【基本的な掃除道具】
雑巾
柔らかいスポンジ(柄付きは便利)
毛の硬くないブラシ
ゴミ袋
バケツ

夏場は、蚊に注意した方がいいので、虫除けスプレーや
日焼け防止のため、帽子や首に巻くタオル、飲み物も必須。
冬場は、逆に寒いので、水で手が痛くならないよう、ゴム手袋を
持って行くといいですよ。

墓石のクリーニング方法

【墓石】
まず、墓石に植木などがある場合は、初めに手入れします。
雑草を抜いたり、墓石についた枯葉などを払いましょう。

墓石は基本的に水洗いをしましょう。
水をかけながら、墓石の上から下にかけて雑巾やスポンジで水拭き。硬めのたわしなどは、墓石を傷つけてしまうので使用しないこと。
細かな溝は、柔らかいブラシで払ったり、軍手をした指でなぞるといいですよ。

墓石を洗った後は、タオルやスポンジで水気を拭き取れば、
大気中の埃や汚れが墓石に付着しにくくなります。

【金属品の洗浄】
花立や線香皿などの金属品は、取り外し水洗い。
(古いお墓だと、取り外しできない場合も )

線香皿の燃えかすは捨て、スポンジで綺麗に汚れを落とします。
花立は柄付きのスポンジですと、奥の方まで綺麗になります。

まとめ

お墓のお掃除は、ある程度は自分でできてしまいます。
ご先祖様に感謝する気持ちで、丁寧に行いましょう。

しかしながら、墓石を傷つけてはならないので、
できない部分はプロに任せましょうね。

墓石を綺麗に保つためにも、定期的にお掃除しましょう。

こちらの記事も要チェック!
お盆にお墓参りはしない?期間はどれくらい?マナーは何かあるの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする