お盆のお供えは何がいいの?ダメなものは何かある?のしはどうする?

お盆の時期。お供えを持って、自身の実家、あるいは親戚、
または義理家族の家に行く機会があるかと思います。

その際、お供えって何を持っていけばいいのか悩みますよね。

そこで今日は、お供えの選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

お盆のお供えは何がいいの?

お供え物は、基本的にはお供えする先祖が、生前好んでいたものをお供えするのが基本。

しかし、特にこれでないとダメというような決まりごとはありません。

お供え物をお菓子にする場合、昔は落雁(らくがん)という砂糖のお菓子が定番でした。
何故ならば、今では簡単に手に入る砂糖は、昔はなかなか手に入りにくく、仏様に対する最高のお供え物とされてたからです。

しかし、現在では、落雁をお供え物とするというよりは、
日持ちのするお菓子がオススメ。

例えば、お煎餅やお饅頭など。

お供え物のお菓子は、お盆の季節が過ぎ去ると、おさがりとして
いただくため、小分けできるものがいいですよ。

お菓子以外ですと、私は毎年お供えを持っていく親戚には、
必ず缶ビールを箱で買って、お供えします。
その親戚には、それが一番喜ばれますのでね。

お菓子のお供えの話をしましたが、お供えはお金の場合もあります。

これは地域や家庭にもよりますが、あまりお金をお供えするというのは一般的ではありません。

お金のお供えですと、金封。お供え物の金封には色々ありますが、よく使用されるのは「御仏(佛)前」や「御供物料」があります。

お供えの金額の相場ですが、約3,000円〜5,000円となっています。

万が一、お菓子もお供えするのでしたら、お菓子と合わせて5,000円程におさめるといいです。

お供えでダメなものは?

スポンサーリンク

お供えに選んではいけないものですが、まずは肉・魚です。
なぜならば、これらは殺生を連想させるものだから。

また、にんにくやネギも「五辛」といい、香りや辛味が強いものですので、お供えとしては適していません。

その他ですと、気をつけて欲しいのは花。
トゲのある花、バラなどはお供え物にはよくありません。
また、鉢植えですが、これも「不幸が根付く」という印象を持ちやすいためよくありません。

お供え物ですが、お墓と仏壇にお供えする際、必ず別々に用意してくださいね。
お供え物のたらい回しは禁止です。

お盆のお供えのしはどうする?

のしって何色なのか知らない人が多いと思います。

実は、地域によって異なっています。

関東→黒白の水引き
関西→黄白の水引き

このように選ばれることが多いとのこと。

のしは、相手側の決まりごとがあるかもしれませんので、
気になる方は、一度確認しましょう。

そして、表書きですが、「御供」と名前を書いてください。

書く際、お盆の場合は普通の墨の色で問題ありませんが、
お葬式の場合は、薄墨で書きます。

のしをつける際は、誰からのお供え物か分かるように、
外のしにしましょう。

まとめ

お供え物はあなたの気持ちです。
故人の好きなもの、または相手側がもらって困らないものを
選びましょうね。

どうせなら、故人にも、おさがりを受け取る側にも
喜んでもらいたいですし!

こちらの記事も要チェック!
墓石の汚れの原因は?綺麗にするための道具は?クリーニング方法は?
お盆にお墓参りはしない?期間はどれくらい?マナーは何かあるの?
秋の彼岸とはなにを意味する?いつするの?何をするのか教えて
正月の三が日に墓参りしてもいい?初詣は?お供え物はどうする?
春の彼岸と秋の彼岸の違いはなに?春の彼岸はいつ?お供え物は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする