お歳暮はなぜ送る?時期はいつまでがいいの?何がいいのか教えて

あなたはどうしてお歳暮を送るのか知っていますか?

なかなか人に聞けないお歳暮に関する基本的な知識をここではご紹介します。

また、いつまでにお歳暮を送ればいいのか、何を送ればいいのかについてもお話ししますので、是非お歳暮の知識を身につけちゃいましょう。

スポンサーリンク

お歳暮はなぜ送るの?

【お歳暮の起源】

「お歳暮」という日本独特の慣習は、お正月に先祖の霊(祖霊)を迎え、御魂祭りの御供え物や贈り物をしたという日本の昔ながらの習わしが起源とされています。

嫁いだ人や分家した人が、親元へお正月になると集まり、御供え物を持ち寄ったのが始まり。

もともと、お歳暮に使う品は、年越しに必要な御供え物を贈ることから、塩ぶり、塩鮭、スルメ、数の子、もちなど食料品を送っていました。

しかしながら、現在ではそこにこだわらず、さまざまな品物が贈られています。

昔は新年の準備を始める12月13日から20日までに贈られました。今では、日ごろお世話になっている方々に対する年末の挨拶になり、贈答儀礼に変わりつつあるのです。

お歳暮の時期はいつまで?

お歳暮は季節の挨拶に値するため、贈る時期を間違ってはいけません。

正式には「事始めの日」といい、お正月をお祝いする準備を始める12月13日から12月20日までに贈るものでした。
しかし、現在では11月末頃から贈る人も多くなっています

また、送る時期は地域によっても異なり、
関東では12月初旬から12月31日
関西では12月13日から12月31日まで
となっています。

いずれにしても、年末のとても忙しい時期に届いても迷惑なので、できれば20日くらいまでがいいです。

しかしながら、お歳暮の中身がお正月用の生鮮食料品の場合は、逆に遅めの方が親切だと思います。

スポンサーリンク

お歳暮は何がいいの?

お歳暮の相場は3,000円〜5,000円といったところですが、お世話になった人に送る場合は5,000円が妥当。

これらを踏まえて、お歳暮にオススメの商品をご紹介します。

【お肉】

食で贅沢をするといえば”お肉”。正月にふさわしい
角煮やローストビーフ、ご当地グルメなど、豪華なお肉を
選べば、相手に良い印象を与えちゃうかも。
お肉をお歳暮に選ぶなら米沢牛専門店 さかのがおすすめ!

【名店品】

巷で有名な名店や名ブランドの品は、
相手に「自分ではなかなか買わないけど、貰えたら嬉しいな」と
思わせるはず。
お歳暮の場合、11月上旬の早めの予約であれば、
なかなか手に入らない品でも、予約しやすいことも。
希少価値の高いお歳暮だからこそ、送る相手に一生懸命さが伝わっちゃうかも。
JTBショッピングなら素敵な名品が見つかるはず!

【スイーツ】

老若男女が集うのが年末年始ですよね。
そこに美味しいスイーツがあれば、集いもさらに楽しくなります。
スイーツといっても生ものだと気が引けますが、
日持ち品や冷凍食品であれば、相手も安心しますね。

いかがでしょうか。
お歳暮選びに一番大切なことは、「相手の好みを知る」。
そこから、相手を思って、喜ばれる品を心を込めて送れば、
きっと想いは伝わるはず。

まとめ

お歳暮は、昔ながらの習わしで始まった風習。

今と昔では送るものが全然違いますが、相手を思って選ぶという点においては同じかと思います。

相手が喜ぶ品を事前にリサーチし、その人にぴったりの品を選んでくださいね。

お歳暮を送る時期は間違えないよう注意しましょう。

こちらの記事も要チェック!
お歳暮を贈る相手は会社で誰?マナーは?おすすめは何?
お歳暮のお返し会社から必要?マナーはある?断る方法は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする