お歳暮のお返し会社から必要?マナーはある?断る方法は?

会社の取引先などから、お歳暮を受け取った際、
お返しをどうしたらいいのか分かりませんよね。

そもそも、お返しは必要なのか?
またお歳暮を断るにはどうしたら良いかなどご紹介します。

スポンサーリンク

お歳暮のお返し会社から必要?

お歳暮は基本的にお返しをする必要がありません。

しかしながら、何もしなくてもいいということではなく、
お歳暮が届いたら、必ずお礼状を出すことが必要です。

お歳暮をいただいた相手に何か贈り物をしたい場合、
感謝の気持ちをこめてお歳暮を贈り合うといいですね。

お歳暮のお返しのマナーは会社である?

まずは、会社にお歳暮が届いた場合ですが、

【会社や自部署宛】
必ず上司に開けていいのか許可を得てから開封しましょう。
中身を確認したら、何が入っていたのかも上司に報告。
上司から何か指示があれば、お礼状を手配しましょう。
その際、社長名や部署長名でお礼状を作成する。

【上司不在時に取引先がお歳暮を手渡ししてきた】
ひとまず、在籍者の中で責任者となる人に報告。
自分が受け取る場合は、上司が不在であることを伝えお詫びしましょう。その際、先方と名刺交換をしておくといいです
その後、丁寧にお礼し、お歳暮を受け取りましょう。
上司に連絡し、お歳暮をどこから受け取ったのか報告。
上司から何か指示があればお礼状の手配をしましょう。
その際、社長名や部署長名でお礼状を作成する。

【先方に伺った際、取引先からお歳暮を手渡しされた】
その場でお歳暮を受け取り、自身の会社に戻って上司に報告。
中身を確認後、何が入っていたのか上司に伝え、何か指示があればお礼状の手配をする。その際、社長名や部署長名でお礼状を作成する。

スポンサーリンク

【自分宛のお歳暮が初期場に届いたら】
自分宛でも必ず上司に報告し、許可を得てから開封しましょう。
中身を確認し、それを自身で持ち帰るもしくは、車内で分けてもいいです。その後、自分の名前で職場からお礼状を出しましょう。

【自分の家に取引先からのお歳暮が届いた】
ここで要注意なことは、会社によっては、外部の取引先から
贈答品を受け取り禁止とされているところがあること。
そのため、まずはお歳暮を受け取ってもいいのか、職場に確認しましょう。

受け取ってもいい場合は、厳密に会社に報告する義務はないですが、中身が高額なものである場合は、必ず上司に報告しましょう。その後、自分の名前でお礼状を出します。

ここまでで大切なことは、取引先からお歳暮を受け取ったら、
中身を確認する前に必ずぞ上司に報告すること
です。
その後、指示を受け行動しましょう。

お歳暮を断る方法は?

では、万が一、お歳暮が受け取れない場合はどうしたらいいのでしょうか。

その場合は、配達時にお断りのメッセージを添えて受け取り拒否をするのがいいです。
ただ単に、受け取り拒否をしてしまうと、相手を傷つけてしまいますので、あらかじめ一筆添えた手紙などを用意し同封しましょう。

メッセージは会社の封筒などに入れ、しっかり貼りましょう。

受け取りを断る際のメッセージですが、
例えば「大変申し訳ありません。せっかくのお心遣いですが御遠慮申し上げます」などがいいでしょう。

品を返送する場合は、会社や部署名で送り返しますが、
自分宛に品が届いた場合は、自身の名で送り返しましょう。

受け取り拒否をすると、送料が往復分送り主にかかるため、一旦受け取り、元払いで返送することも可能です。

その場合も一筆あると丁寧な対応になりますので、
例えば
「拝啓 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
またこのたびは御丁寧なお心遣いを頂き、大変恐縮いたしております。
しかしながら、せっかくのお心遣いですが、当社ではお取引先からの贈答品はお受けできないことになっております。
誠に申し訳ございませんが、何卒御理解いただけますようお願い申し上げます。」などがいいでしょう。

この手紙は、包みを開けず、手紙を入れた状態で上から包装をやり直しましょう。

まとめ

お歳暮を受け取った際の対応は分かりましたか?
受け取り後、必ず自分で勝手に対応するのではなく、
会社や上司の指示を待ちましょう。
万が一、受け取ることができなくても、先方に失礼のないよう
対応することが大切です。

こちらの記事も要チェック!
お歳暮を贈る相手は会社で誰?マナーは?おすすめは何?
お歳暮はなぜ送る?時期はいつまでがいいの?何がいいのか教えて

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする