年賀状は義両親に必要?文面はどうする?宛名はどうすればいいの?

毎年、12月になると年賀状の準備が始まります。

あなたは義両親に年賀状を出していますか?
今日は、年賀状を出す相手が義親の場合についてご紹介します。

スポンサーリンク

年賀状は義両親に必要?

そもそも、年賀状を義親に出す必要はあるのか悩んでいるあなた。必ずしも出す必要はありませんよ。

年賀状は新年の挨拶になるので、お正月に義両親に会う場合は、
直接挨拶すればいいので、年賀状を出さなくても大丈夫です。

ただし、義親と「年賀状を出し合う」という決まりごとがあったり、お正月に義両親と会う機会がない場合は、年賀状を出したほうがいいです。

よく「義親に年賀状を出したけど、返事が来なかった」ということがあります。
・身内だから返事を返さない
・そもそも義両親に年賀状を送る習慣がない
・年をとるにつれて年賀状の準備が難しい(身体的問題)

このような理由があるかもしれませんので、返事がなくても落ち込まないように。
年賀状を出すことは、義務ではありませんのでね。

年賀状を義親に出す際の文面は?

では、義親に年賀状を出す場合、文面はどうすればいいのでしょうか。

相手は義両親なので、何を書いたらいいのか分からなくなりますが、

・日頃のお礼やご無沙汰の挨拶
・夫婦や家族の今年の目標
・義親の健康を祈る気持ち
・再びお会いしたいという気持ち

このようなことを文面にすればいいです。

例:
新年あけましておめでとうございます。
お父さん、お母さん、お変わりないでしょうか。
私たち家族も元気に過ごしていますので、安心してください。
遠方ということもあり、なかなか帰省できず、お顔を見ることができなくて残念です。
しかし、いつもお父さん、お母さんのことを気にしております。
まだまだ寒い日が続きますので、ご自愛ください。

このように、相手を気遣う言葉があれば、義両親も嬉しいはずです。

スポンサーリンク

義実家に年賀状を出す際の宛名は?

宛名の書き方ですが、年賀状の場合も通常はがきと同様になります。

・文面が縦の場合は縦書き
・文面が横の場合は横書き

文面を揃えることで、受け取る側が読みやすくなります。

【相手側の住所】

基本的に郵便番号は省略せず、しっかり記載する
・番地や部屋番号などの数字は、縦書きの場合は漢数字

【氏名】

・住所を書いた文字よりも大きく書く
・義両親各々の名前を連名で書く
・父親の名は姓名を一番右側に書く(横書きの場合は上)
母親の名は名だけを父親の名と同じ位置の「左側に書く(横書       きの場合は下)
・兄弟や姉妹が一緒に住んでいる場合、母親の名前の次に年齢順に名前を書く

祖父母が一緒に住んでいる場合
・可能であるならば、義両親とは別の年賀はがきで出す
・祖父母のうち片側のみ健在の場合は。家族と一緒にしても大丈夫
・祖父母も家族と一緒に宛名に入れる際は、祖父は父親よりも、祖母は母親よりも先に名前を並べる

【差出人の住所と氏名】
・名前は夫婦で連名にする

【その他】
・当たり前かもしれませんが、文字色は黒
・漢字ミスのないようにする
書き間違えても修正ペン等を使わず、新しい年賀はがきを使う(書き間違えたはがきは、郵便局で手数料が必要ですが、
新しいはがきや切手と交換できます)

まとめ

義両親への年賀状は、必ずしも出す必要はありません。
しかし、年に一回の年賀状。
相手からの返事がなくても、年賀状くらい出してもいいかなと思います。
高い買い物でもないですしね。

せっかく年賀状を出すのであれば、義親を気遣う一言を添えれば、暖かみのある年賀状になるのではないでしょうか。



こちらの記事も要チェック!
年賀状はなぜ送る?辞め方はあるの?やめるときの文例はどんなのがある?
年賀状で喪中の範囲はどこまでなの?いつまでなの?マナーは?
年賀状を上司にいつまで?書き方はどうすればいいの?文例を教えて

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする