年賀状で結婚報告は必要?一言はどうすればいいの?写真なしでもいい?

あなたの結婚が決まった、または結婚した場合、
年賀状でその報告をする必要があるのか、
悩んでしまいますよね。

今回は、年賀状での結婚報告についてご紹介します。

年賀状で結婚報告は必要?

必ずしも必要ではありません。

ただし、年賀状での報告は必須ではないという意味です。

結婚報告の方法は他にも沢山ありますよね。

・相手に直接伝える
・メール
・電話
・SNS
・手紙やはがき

そのため、結婚報告したい相手に合う報告の仕方でいいと思います。

年賀状の場合、
・毎年、年賀状のやり取りをしている人、もしくは年賀状のみの   やり取り
・遠方に住む人
・ビジネスでお世話になっている方

このような方々には、年賀状で結婚報告をするべきかと思います。

結婚報告を年賀状でする際の一言は?

【縦書き?横書き?】

一般的には、縦書きは形式的、横書きは気軽な感じとなるため、
送る相手によって使い分けましょう。

【一言の書き方】
文面は、下記順番で書くといいです。

挨拶の言葉(頭語・結語)
・拝啓
・敬具

友人に送る場合は、省略しても大丈夫。

頭語の後は、季節の挨拶言葉を入れます。

・時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます
(ビジネスでよく使われる季節問わずの挨拶言葉)

本文

結婚報告の場合
・私たちは◯月◯日に入籍いたしました
・昨年◯月◯日に結婚し、新たな人生の第一歩を踏み出しました

このように入籍日を書くことで、
結婚の報告がより具体化します。

結婚式に出席してくださった方に対しては
・先日は私たちの結婚式にご出席いただき、あがとうございました。まだまだ未熟な二人ではありますが、本年度もご指導ご鞭撻賜りますようお願い申し上げます

日付

縦書きの場合は漢数字で
・平成三十年元旦
横書きの場合は、年号でも西暦でもどちらもOK

差出人

書く順番は、郵便番号→住所→氏名。
氏名を書く際、注意してほしいことは、
結婚し夫婦になったため、二人の連名にします。
その際、花嫁の旧姓も書きましょう。

例: 山田 太郎
智子 (旧姓 花田)

結婚報告を年賀状でする場合写真なしでもいい?

写真はなしでも問題ないです。

・幸せオーラ全開は恥ずかしい
・独身の友人や上司に送りづらい

このように、結婚式の写真や、夫婦の写真を年賀状に載せるのは、恥ずかしい人も多いはず。

昔は、年賀状での結婚報告に、二人の写真は絶対!というような風潮がありました。
しかし、今では写真なしでも全然おかしくないです。

写真なしのデザインがある年賀状業者も多いですし、
とてもおしゃれなんです。

また写真なしだと、印刷料金も安くなるので、一石二鳥。

年賀状は、送る側の自由ですからね。写真なしでも気にしないでください。

注意すべき点は、年賀状での結婚報告なので、安すぎるデザインのものはやめましょう。
写真を使わないぶん、デザインを凝ってみたり、年賀状の質は落とさない方がいいです。

写真なしで年賀状での結婚報告なら、年賀状印刷のおたより本舗
がおすすめです。


まとめ

結婚報告は年賀状でする必要はありませんが、
年賀状でする場合は、相手に合わせた一言を添えて送りましょう。

また現代では、年賀状での結構ん報告の際、夫婦の写真がなくでも問題ありません。
ただし、その分、年賀状のデザインがダサくならないよう注意しましょうね。

こちらの記事も要チェック!
年賀状はなぜ送る?辞め方はあるの?やめるときの文例はどんなのがある?
年賀状で喪中の範囲はどこまでなの?いつまでなの?マナーは?
年賀状を上司にいつまで?書き方はどうすればいいの?文例を教えて
年賀状は義両親に必要?文面はどうする?宛名はどうすればいいの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする