クリぼっちの過ごし方男は?女はどうすればいい?イベントは何かあるの?

毎年12月になるとやってくるクリスマス。

今年、クリぼっちを回避できなかったあなた。
途方に暮れていませんか?
何して過ごそうか悩んでいませんか?

そんなあなたのために、クリぼっちのためのクリスマスの過ごし方をまとめてみました。

スポンサーリンク

クリぼっちの過ごし方男偏

まずは男偏です。

仕事に励む

クリスマスに敢えて残業をするなど、いつも以上に仕事に励んでみるのはいかがですか?
この時期に仕事に励むと、「どうせクリぼっちだからいいや」という気持ちの吹っ切れのせいか、いつもよりも仕事に集中することができます。
年末に向けて、自分の仕事を早めに終わらせることができますし、居残り組と仕事終わりに飲みに行き、意外と楽しいクリスマスを過ごせてしまうかも。

勉強

仕事と同様、集中力が高まるのであれば、いつもはなかなか手がつけられない勉強に励むのもあり。
資格の勉強は特におすすめ。クリスマスを楽しんでいる人たちと、一気に差をつけちゃいましょう。

ジムで体を鍛える

クリスマスはジムが比較的空いています。そのため、トレーナーを独占し体を鍛えられるかもしれません。
これを機に、ジムに力を注ぎ、来年こそはクリぼっちを回避するぞという意気込みで、ムキムキを目指しましょう。
また、クリスマス後のお正月に発生するお正月太りを予防することもできますよ。

ゲーム

外にも出たくない人は、ひたすらゲームもいいですよね。
敢えて自分へのクリスマスプレゼントとして、新しいゲームを購入し没頭するのもありです。
これってクリぼっちでしかできないことですし、ゲーム好きなら最高のクリスマスになります。
ゲームとクリスマスケーキを用意して、ひたすらゲームしちゃいましょう。

クリぼっちの過ごし方女偏

クリぼっち仲間とクリスマスパーティー

女は仲のいいもの同士、喋りまくるのが一番楽しいですよね。
クリぼっち同士集まり、クリスマスパーティーを開いちゃいましょう。
彼氏と過ごすクリスマスとは、また違った楽しさがあるはず。
クリスマスらしい料理やケーキを準備し、インスタ映えのある写真をたくさん撮りましょう。

家族とクリスマス

スポンサーリンク

ここは敢えて家族と過ごすこともありです。
大人になると、なかなか家族でクリスマスを過ごすことはできません。
クリぼっちであるのならば、今年は家族で温かい食事を囲みながら、はたまたクリスマス映画を見ながら、ゆったりクリスマスを過ごしませんか。

ここぞとクリスマススイーツを食べまくる

女の子はスイーツが好きな人が多いですが、ここぞとクリスマス限定スイーツを買って、
たっぷり味わいましょう。ダイエットは気にしない。
クリスマスは、自分に甘くていいと思いますよ。

映画鑑賞

クリスマス映画はたくさんありますが、家でまったりお酒を飲みながら映画鑑賞。なんだか贅沢ですよね。
シャンパンやワインでいつもより高級感のある時間を過ごしましょう。

自分磨き

せっかくのクリぼっち、無駄にしてはいけません。来年こそはクリぼっちを回避するぞという意味も込めて、クリスマスは自分磨きに没頭しましょう。
美容院、ネイル、エステなど、自分に投資する日にすれば、自分に自信がつき素敵な女性に近づけるはず。
エステならエステ・脱毛・フェイシャルのエルセーヌがおすすめ!

クリぼっちのためのイベントは?

クリぼっちのためのイベントがあるので、それに参加するのも大いにありです。

恋活パーティーや街コン

これらのパーティーはお一人様で参加できるので、気楽ですよね。参加者はほぼクリぼっちなので、そこに素敵な出会いが隠れているかもしれません。
恋活イベントはゼクシィ縁結びPARTYがおすすめ!

クラブイベント

音楽が好きであればクラブイベントに参加し、新しい出会いを見つけるのもいいですね。
また普段行くクラブとは異なる雰囲気の場所へ行き、ストレス発散してみては?

趣味コン

共通の趣味を持った人が集まる趣味コン。
恋愛系のイベントではなく、自分の趣味を分かち合える
イベントに参加するのもいいですよね。
情報交換しあったり、同じ趣味を持つ仲間を増やし、
プライベートをより充実させることができます。

まとめ

クリぼっちはいっけん寂しそうと思うかもしれません。
しかし、どう過ごすかによっては、とても充実したクリスマスを過ごすことができます。

是非、クリぼっちだからといって何もしないのではなく、
クリぼっちだからこそできることを楽しんでみてくださいね。

こちらの記事も要チェック!
クリスマスの約束の応募方法は?観覧倍率はどれくらい?当選のコツは?
サンタに手紙を出す場合の住所は?例文はどんなのがある?返事はあるの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする