おせちを食べる意味はあるの?いつ食べるの?食べ物の意味は何かあるの?

年末が近づくにつれて、おせち料理の準備が始まりますよね。
おせちを食べない人も現代では増えていますが、そもそもなぜおせち料理を食べるのかご存知ですか?
ここでは、おせちを食べる意味などに関して、ご紹介します。

スポンサーリンク

おせちを食べる意味は?

もともとは、元旦や五節句などの節日をお祝いするために、神様にお供えをし、食べたものを「御節供(おせちく)」と呼んでいました。
そのため、昔はおせち料理というのは、お正月だけのものではなかったんです。

しかし、江戸時代にこの行事が庶民に広まり、一年の節日となるお正月にふるまわれる料理を「おせち料理」と呼ぶようになったんですよ。

昔は、収穫の報告や感謝を込めて、その土地でとれたものをお供えしていましたが、生活や食文化が豊かになるにつれて、山海の幸を盛り込んだ豪華な食事となり、現在のおせちの原型になりました。

また、正月三が日は、主婦を家事から解放するという意味も込めて、保存の効く食材が中心のものになったそうですよ。

おせちはいつ食べる?

じつは、地域によって食べる日が異なります。
ちなみに私は元旦に食べています。

しかしながら、北海道や東北では、おせち料理は大晦日に食べるものという認識です。

では、昔から、おせちを食べる日は地域によって異なっていたのかと言いますと、そうではありません。

じつは、元旦に食べるということが間違いだったんです。なぜならば、もともとおせち料理は「新年を迎えるためのご馳走」だったから。

それが、時代とともに変化し、新年にお客をもてなすための料理となり、元旦におせち料理を食べる人が現れたんです。

スポンサーリンク

おせちの食べ物の意味は?

おせち料理は色々ありますが、それぞれにちゃんと意味があるんですよ。

数の子
ニシンの卵である数の子。卵がたくさんあることから「子孫繁栄」を願う

田作り
片口いわしの稚魚を干し、飴炊きにした料理。片口いわしを作物の肥料として使用したところ、豊作になったことから、「五穀豊穣」を願う

黒豆
邪気を払うことと、黒い豆の見た目から、真っ黒に日焼けするほどマメで、勤勉に働けるよう願う

たたきごぼう
ごぼうは地面深く根をはることから、家の基礎が丈夫であることを願う

紅白のかまぼこ
白は清浄、赤は魔除けという意味が込められている

伊達巻
巻物のような形から、知識の増加を願う

昆布巻き
昆布は「喜ぶ」に通じているとして縁起がいいとされている

栗きんとん
黄金色を財とし、豊かさと勝負運を願う

ちょろぎ
長寿を願う

錦玉子
黄身と白身を金銀に例えている

このように、縁起の良い料理でおせちは埋め尽くされています。おせちが食べたくなったあなた。東京正直屋なら、美味しいおせちがお取り寄せできちゃいます!

まとめ

おせち料理には、ちゃんと食べる意味が込められています。

食べない人もいますが、願掛けのつもりでおせち料理を食べるのもアリではないでしょうか。

いつ食べるのかは、現代はその地域によって異なりますが、せっかくおせちを食べる機会があるならば、料理の意味を意識して、食べてみてくださいね。

こちらの記事も要チェック!
おせちを子供用に手作りする方法は?喜ぶものは何?盛り付け方はどうする?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする