初節句で五月人形は誰が買う?いつ飾る?飾る場所はどこ?

こどもの日の我が子の初節句。初めての節句なので、気合が入りますよね。
我が子も、今年の5月が初節句です。
しかし、五月人形はいったい誰が準備するのでしょうか?また、いつ飾りどこに飾るのが正しいのかなど、初節句に関してご紹介します。

初節句で五月人形は誰が買う?

一般的に、初節句の五月人形などの飾り物は、母方の実家で揃えます
しかしながら、あくまで一般論であり、地域によって、誰が五月人形などを購入するのか異なります。

例えば、関東では女の子の初節句は母方、男の子の初節句は父方の実家で準備
一方で、関西では男の子も女の子も、初節句は母方の実家で揃えます

そのため、夫婦の出身地が関東と関西の場合、どちらが買うかで揉めるケースがあります。
そこは、両家でしっかり話し合いが必要。

我が家は、今のところ私の弟の五月人形のお下がりがありますので、それで十分かと。
特に購入してほしいという気持ちもないです。
旦那の実家にも五月人形のお下がりはありますし、毎年節句の時期には、
お寿司などを作りお祝いするので、それで十分。

五月人形を誰が購入するかで揉めるよりも、初節句で我が子の健やかな成長を祈るほうが大切。しっかり話し合いをし、穏便に購入者を決めてください。

初節句で五月人形はいつ飾る?

五月人形の飾る時期は、まず初節句であるのか、そうでないかで異なりますし、地域差もあるんですよ。

スポンサーリンク

初節句の場合、春分の日以降、または新年度以降に五月人形を飾るのが一般的
初節句でない場合は、四月中ごろに飾ります。
遅くても、節句の一週間前には、ちゃんと五月人形を飾ってくださいね

また、縁起を担ぐのであれば、大安の日を選んで五月人形を飾ってください。
ちなみに、2019年の春分の日以降の大安は、

・3月22日(金曜日)
・3月28日(木曜日)
・4月3日(水曜日)
・4月7日(日曜日)
・4月13日(土曜日)
・4月19日(金曜日)
・4月25日(木曜日)
・5月1日(水曜日)

是非、参考にしてみてね。

初節句で五月人形の飾る場所は?

五月人形の飾る場所は、床の間が一番いいです。
しかし、一軒家ではなくアパートやマンションで和室がない家庭も多いはず。
そのため、必ずしも床の間でなければならないというわけではないですよ。

リビングや子供部屋などでも問題なし。
五月人形が居心地よく飾れる場所がいいですね。

おすすめは、床の間もしくは家族が集まるリビング

飾る際に注意してほしいのは、風通しがよく、直射日光が当たらないこと。
人形の色あせや変色を避けてください

飾る方角に関しては、特に決まりはないので、安心してください。

まとめ

初節句の五月人形問題。
まずは誰が購入するかですね。
せっかくのお子さんの初節句、揉めることのないようにしたい。

五月人形を購入したら、なるべく早めに飾っておきましょう。

気持ちよく、お子さんの初節句をお祝いしてあげてくださいね。

こちらの記事も要チェック!
五月人形の兜の捨て方は?売り出しできる?人形供養したほうがいい?
初節句の五月人形お下がりっていいの?誰が買う?選び方は?
鯉のぼり片付ける時期は?洗濯は必要?洗い方は?
こどもの日のお祝いって女の子もするの?鯉のぼりは飾る?食事は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする