鯉のぼり片付ける時期は?洗濯は必要?洗い方は?

5月5日の節句が終わりひと段落したところで、次に待っているのが飾っていたものの片付け。
鯉のぼりはいつまで出していてもいいのでしょうか。
そこで、鯉のぼりの片付けに関してご紹介します。

鯉のぼり片付ける時期

鯉のぼりを片付ける時期は、じつは特に決まりがないんです
地域や家庭によっては、5月中は鯉のぼりを飾っている人もいますし、
節句が終わり次第、すぐに片付ける人もいます。人それぞれなんです。

一般的にはゴールデンウィーク明けまでに片付けている人が多いですが、
あなたの余裕のあるときで大丈夫。

片付ける際の大切なポイントは、天気が良く湿気の少ない日を選ぶこと
雨の降る日や風の強い日に鯉のぼりを片付けるのは大変。
また、片付ける時期に決まりはないですが、梅雨に入る前には、
鯉のぼりを片付けておいたほうがいいですよ。

鯉のぼりの片付けに洗濯は必要?

外に飾ってあった鯉のぼりは、意外と汚れています。
そのため、そのままの状態で片付けると、品質が悪くなるかも。

そこで、鯉のぼりを自宅で洗っちゃいましょう
洗えるの?を思う方が多いと思いますが、じつは、洗えます。

鯉のぼりは主にポリエステルやナイロン素材。
そこに、金具などが付属しているため、クリーニングには不向き。
だからこそ、家庭での洗濯が必要なんです。

天気のいい日に、自宅でさっと洗い、綺麗に干しちゃいましょう。
ただし、鯉のぼりが痛みすぎている場合は、一度販売元に修理などを問い合わせてみたほうがいいです。

まずは、鯉のぼりの状態をしっかりチェックしてから、片付けに入ってくださいね。

スポンサーリンク

鯉のぼりの洗い方

自宅で鯉のぼりを洗う際、大きいサイズの鯉のぼりの場合は、
お風呂場の湯船を使うとやり易いですよ!
また、お風呂の残り湯なんかも便利!

では、鯉のぼりの洗い方に関してご紹介。

①浴槽やたらいにぬるめのお湯や残り湯を張って、中性洗剤を少量入れる

お湯は熱すぎてしまうと、生地の傷む原因に。
40度より温めのお湯にしましょう。
中性洗剤は、台所用洗剤でOK!薄めに入れてくださいね。


②鯉のぼりを①につけ置き

つけ置きは1時間ほど。その後、汚れが残っていたら、その部分を軽く揉み洗いするといいですよ。強く揉んでしまうと、生地を傷めたり、色落ちの原因に。
また、鯉のぼりに金粉が施されている場合、つけ置きだけで十分。
誤って揉み洗いすると、金粉が取れてしまうので要注意!


③鯉のぼりをすすぎ、手で水気を絞る

すすぎは、水がきれいになるまで行ってください。
このとき、金粉が施されている鯉のぼりに関しては、
強く擦ったりしては駄目です


④乾燥

水気を切った後は、風通しの良い日陰で、鯉のぼりを乾かします。
このとき、しっかり形を整えておくことが大切。
来年も、鯉のぼりがきれいな状態で使えます。
乾きに関しては、お天気のいい日だと、半日で乾燥完了です。

⑤綺麗に畳んでしまう

このとき、絶対に防虫剤を入れては駄目
なぜならば、防虫剤が鯉のぼりの色を溶かしてしまう恐れがあるんです。
なので、押し入れや収納ボックスに、綺麗に畳んだ状態でしまいましょう。

まとめ

鯉のぼりの片付けは、なかなか重たい腰を上げないとできませんよね。
気持ちに余裕のある時でいいと思います。丁寧に洗い、片付けちゃいましょう。
その際、天気予報はチェックが必要ですね。

こちらの記事も要チェック!
こどもの日のお祝いって女の子もするの?鯉のぼりは飾る?食事は?
初節句で五月人形は誰が買う?いつ飾る?飾る場所はどこ?
初節句の五月人形お下がりっていいの?誰が買う?選び方は?
五月人形の兜の捨て方は?売り出しできる?人形供養したほうがいい?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする