ジューンブライドの意味は?日本はいつから?メリットはあるの?

6月に結婚式を挙げるのは、女性の憧れという人がいますよね。
そもそも、なぜジューンブライドというのでしょうか。
日本で広まった理由は?ジューンブライドに結婚式をあげると、いいことがあるのでしょうか。この記事では、ジューンブライドについてご紹介します。

ジューンブライドの意味

ジューンブライドの意味や由来を3つご紹介しますね。


①女神の名から

ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃に、結婚や出産を司る「Juno(ジュノ)」という女神がいます。その女神が守護する月が6月(June)であることから、この月に結婚をすると幸せになれると言われているんです。


②結婚の解禁

かつてヨーロッパでは、農作業の妨げとなることから、
3月~5月の結婚が禁じられていたんです。驚きですよね。
そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、
そのカップルは多くの人に祝福されたとか。


③気候問題

ジューンブライドとなる6月は、日本では梅雨時期。
しかし、海外ではハワイやヨーロッパを始め乾季に入っている国が多く、
気持ちの良い気候で結婚式ができる季節なんです。
海外挙式を考えているカップルにとっては、最高のウエディングシーズン。
また、また、欧米では『6月12日』は恋人の日であることから、
6月は結婚に対し縁起がいいんです。

ジューンブライド日本はいつから?

日本でジューンブライドが広まったのは1960年代後半
かの有名なホテルオークラが、「6月の花嫁は幸せになれる」というジューンブライドの意味を使い結婚式の宣伝を始めたのがきっかけ。
それまでの日本の結婚式は、6月の梅雨の時期は敬遠され、
結婚式場は売り上げが下がるシーズンでした。

スポンサーリンク

また、偶然、皇室の結婚式が続けて6月に行われたこともあり、
その幸せにあやかりたいと願うカップル達が、ジューンブライドの拡散に貢献。

そんなことがあり、ジューンブライドは日本でも広がりを見せ、今でも続いているんです。

ジューンブライドのメリットは?

ジューンブライドによるメリットはいくつかあります。


【縁起がいい月】

ジューンブライドは、先ほどお話ししたようにジュノという女神が守護する月。
そのため、縁起がいいとされています。


【値段が安い】

式場によりますが、ジューンブライドと言われてはいるものの、春や秋と比べると、
雨季により敬遠されることも多い月。
そのため、式の価格が安くなっている可能性があるんです。
EASY by WATABE WEDDINGなら、お得にリゾ婚できちゃいますよ!





【ちょうどいい気温】

夏前なので、熱すぎず寒すぎず、ちょうどいい気温。
汗をかいたり厚着も必要ないので、新郎新婦や来場者も気持ちよく
式を楽しめるはず。


【海外挙式や新婚旅行にうってつけの季節】

日本は梅雨時期でも、海外は違います。
とても快適な気候になる海外は、海外挙式や新婚旅行に最高。
また、費用の面でも、日本の大型連休やハイシーズンに被らないので、
その分、お安くなっていますよ。

雨というデメリットはあるものの、それに対する対策をきちんと考えていれば、
6月は最高の月。ジューンブライドに結婚式をあげるのは、悪くありません。

まとめ

ジューンブライドについてご理解いただけたでしょうか。
これから結婚式を考えているあなた。
是非、ジューンブライドを選んでみては?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする