てるてる坊主の意味や起源は?効果はあるの?日本だけなの?

日本では、晴れてほしい日のためにてるてる坊主を作る風習がありますよね。
私は、子供の頃だけではなく、いまだに晴れを祈願する場合に、てるてる坊主をついつい作成してしまいます。
しかし、なぜてるてる坊主が晴れを願うために作られるようになったのか、あなたは知っていますか?
そこで、てるてる坊主の始まりなどをご紹介します。

てるてる坊主の意味や起源

てるてる坊主の起源は、中国にあるんです
「掃晴娘(さおちんにゃん)」伝説が、日本に伝わったことが始まり。
この伝説は、まるで箒(ホウキ)で雨雲を払うように晴れにしてくれたという伝説のこと。

【掃晴娘(さおちんにゃん)】

ある年、中国で猛烈な大雨が街を襲いました。
雨は止むことなく降り続き、人々はとても困っていました。
そこで、晴娘(ちんにゃん)という娘が、天に向かって雨が止むよう願いました。
すると、天から「東海龍王の太子の妃になれば、この雨を止めてやろう。」という声がし、
晴娘は天に上って妃になることを決断。
その決断後、晴娘の姿は消え、大雨は止んだそう。
これを見た人々が、晴娘を偲んで、雨が続く際に、紙で作った晴娘の人形を吊るすようになったとのこと。

この伝記が、日本に伝わり、お坊さんが天候の祈祷をする役目を持っていたことから、
晴娘(ちんにゃん)という娘から、坊主に変わったんです。

このようなことから、てるてる坊主は日本に広まりました。

一方で、てるてる坊主には、怖い話もあるんですよ。

【てるてる坊主の怖い話】

昔々、とある街が長雨でとても困っていました。
その街に、「お経を唱えると必ず晴れる」と言われていた有名なお坊さんがやってきました。
しかし、そのお坊さんに、殿様の前でお経を唱えさせましたが、一向に雨は止みませんでした。
そして、それに怒った殿様が、そのお坊さんの首をはねてしまったそうです。
その後、そのはねられたお坊さんの首を白い布でくるみ吊るしたところ、次の日に、晴天が見られたとのこと。

なんとも悲しいような不気味な話ですね。

スポンサーリンク

てるてる坊主の効果は?

てるてる坊主の効果は、科学的に立証されていません

先ほどご紹介したてるてる坊主の起源の通り、晴れを祈るために作られたもの。
祈ることは悪いことではないですし、どうしても晴れてほしいときは、何かにすがりたくなるはず。

効果ははっきりと証明されていませんが、
てるてる坊主を作って、晴れを祈ることは、決して無駄ではないはず。

てるてる坊主は日本だけ?

中国から伝わった伝記により、日本ではてるてる坊主が有名になりましたが、
その中国では、てるてる坊主はあまり知られていません

また、てるてる坊主は、日本独特の風習なので、海外ではあまり知られていないのが現実。
晴天を祈りたくない国もあると思うので、世界に広めることは難しいですね。

日本では、有名なアニメ「一休さん」のエンディング曲で、てるてる坊主が出てきます。
このアニメにより、日本のてるてる坊主を知った海外の人もいるんですよ。

まとめ

てるてる坊主の起源は、まさかの中国。
なのに、日本のほうがてるてる坊主が有名だったんですね。
日本独特の風習ではあるものの、長年続いているのはやはり効果が発揮できるからでしょうか。
あなたも、てるてる坊主を作って、効果を検証してみませんか?

こちらの記事も要チェック!
てるてる坊主の正しい作り方!吊るし方は?吊るす場所は?
てるてる坊主処分してもいい?晴れたらどうする?雨が降ったら?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする