てるてる坊主処分してもいい?晴れたらどうする?雨が降ったら?

晴れを願って作ったてるてる坊主。
使い終わった後、あなたはどうしていますか?
意外と知らない、てるてる坊主の使用後に関してご紹介します。

てるてる坊主処分してもいい?

てるてる坊主は、使用後に処分しても構いません
しかし、晴れてほしい(またはその逆)という、あなたの思いが詰まっています。
安易に捨ててしまうのは、あまり良くないでしょう。
ですので、ここは「ありがとう」という気持ちをもって、
正しく処分するべきかと。

てるてる坊主晴れたらどうする?

てるてる坊主を吊るして晴れた場合は、
まず、てるてる坊主の顔を完成させてあげましょう。
てるてる坊主がのっぺらぼうで吊るしてあった場合、晴れてお顔がいただけるってこと。
てるてる坊主の顔を完成さえる際には、感謝の気持ちを伝えながら書きましょう。

スポンサーリンク

顔が完成したら、お酒を頭からかけてやるのが正式なやり方
どうやら晴れても金の鈴はあげない模様ですね。
川に流す地方もあるみたいですが、現実的に考えると、ごみを捨てているのと同じ。
社会のマナーとしてはおすすめできませんね。
日照りが続かないよう、てるてる坊主を灯し、天に返す方法もありますが、
その方法を実行するのは、至難の技。
そのため、お酒をてるてる坊主の頭からかけてやり、お菓子の箱の中にいれるなどして、
可燃ごみとして処分。
わざわざ、神社などで燃やしてもらう必要はありませんよ。
ただ、丁寧に捨てることが大切

てるてる坊主雨が降ったら?

反対に、てるてる坊主を吊るしたのに、残念ながら雨が降ってしまった場合(またはその逆)、願いがかなったパターンとは逆で、てるてる坊主の顔は完成させません

そして、願いが叶わなかった場合は、てるてる坊主の頭をコツンを殴ります。
てるてる坊主は神様ではありません。おまじないの一種なので、願いが叶わなかった場合は、それ相応の処分方法になるんです。

その後、川に流すことはおすすめしませんが、願いがかなった場合と同様、可燃ごみとして丁寧に捨てましょうね
その際、「次は願いを叶えてください」と思いを添えて処分しましょう。

まとめ

使用後のてるてる坊主には、ちゃんとした処分方法があります。
安易に捨てる人が多いとは思いますが、私は各々思いのこもったてるてる坊主は、
丁寧に処分してあげたほうがいいと思います。

こちらの記事も要チェック!
てるてる坊主の意味や起源は?効果はあるの?日本だけなの?
てるてる坊主の正しい作り方!吊るし方は?吊るす場所は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする