湿気による髪のうねりの原因は?対策方法は?縮毛矯正は必要なの?

梅雨の時期。髪の毛に悩まされる方は多いのではないでしょうか。

髪がまとまらない、うねる、はねる、広がるなど、多くの悩みがあると思います。

今回は梅雨の時期を上手くのりきるために、どうして湿気により髪がうねるのか、原因をもとに髪の悩みに対する対策方法をご紹介します。

☆関連記事はこちら☆

くせ毛は美容室でキュビズムカット?評判はどう?料金はいくらなの?
縮毛矯正やめた!くせ毛生かしたカットは?スタイリングは?
キュビズムカット失敗?くせ毛でショートは楽?スタイリング剤は?
くせ毛はショートでうねりは?髪を伸ばしたいけど切りたい?カットの頻度
くせ毛で縮毛矯正やめたい!パサパサが改善?パサつき広がり改善シャンプー?
スタイリング剤の髪への影響は?傷みはあるの?髪に優しいものはどれ?
髪の毛がボサボサになる原因は何?朝まとまるためにはどうしたらいいの?
ヘアチューニングとは?縮毛矯正との違いは?デメリットはあるの?

湿気による髪のうねりの原因は?

そもそもなぜ湿気により、髪がうねったり広がったりするのでしょうか。

その原因は水分です。

あなたの髪の毛全体の水分が均等になっていないと、髪が広がってしまいます。

髪の水分量が均等になっていないことから、
髪の毛の乾いた部分と湿った部分が捻れ、うねりとなります。

また髪が痛んでいる場合、髪の表面のキューティクルが剥がれているので
そこから水分が入り込み、髪の広がりにつながってしまいます

なぜあなたの髪にトラブルが発生するのかを理解した上で、
それに対する改善策をみてみましょう。

梅雨の時期の髪のうねり 対策方法は?

対策方法ですが、夜と朝のヘアケアにポイントがあります。

【夜にできる対策】

①シャンプー&トリートメントで髪と頭皮のケアを念入りに

夜にシャンプー&トリートメントをしっかり行いましょう。

シャンプーは、髪や頭皮の汚れを落としてくれます。

髪や頭皮を清潔な状態にし、トリートメントを施すことで、
髪がまとまりやすくなります。

トリートメントをつけるときのポイントは、髪の毛全体にトリートメントを行き渡らせるために、トリートメントを髪につけた後、コームで髪をとかす

そうすることで、髪の毛1本1本に、トリートメントが浸透しやすくなります。

また、時間があるときは、トリートメントをつけ後、蒸しタオルで髪を覆い、少し置いてからトリートメントを洗い流すとより浸透力がアップしますよ。

私は、蒸しタオルは週1回、コームでとかす作業は毎晩行なっています。

手でトリートメントを塗るだけよりも、髪のまとまり方が、格段に良くなりますよ!

ちなみにうねりがひどい方は、アミノ酸系シャンプーの使用してください。

くせ毛が、かなり落ち着きますよ。

わたしは、くせ毛シャンプー★5日分サンプル送料無料【クイーンズバスルーム】
を使い始めて、かなり自分の髪が、くせ毛にも関わらず、扱いやすくなりました。

②入浴後はしっかり髪を乾かす+ブロー

シャンプー&トリートメントが終わったら、次はしっかり髪を乾かします。

ここで翌朝の髪の扱いやすさが決まります。

なぜならば、寝る前にしっかり髪を乾かし、ブローをすることで、
髪がいい状態に固定されますよね。

そのため翌朝、寝癖がつきにくくなります。

逆に適当に髪を乾かしてしまうことで、寝癖がつきやすい状態になるんです。

朝、時間をかけて髪をブローするのであれば、それを夜に回し、
少しでも朝の髪にかける時間を短縮しましょう。

髪を乾かすときに、洗い流さないトリートメントを使えば、
寝ている最中の髪の摩擦防止にもなりますよ。

またドライヤーの最後は冷風を当てると、より髪がまとまりやすくなります。

【朝にできる対策】

夜のヘアケアをしっかり行った上での、朝のヘアケアはいたってシンプル。

①アイロンを使って髪にまとまりを

うねりや髪の広がりが気になる方は、髪をセットする方法の1つとして
ヘアアイロンをオススメします。

しかし、熱を与えすぎたり、アイロンプレートによっては髪にダメージが
残りやすいものもあります。

その点、注意して使用しましょう。


②くるくるドライヤーで簡単にブロー

私はくるくるドライヤー派です。

普通のドライヤーとブラシを使うよりも、髪の毛のブローがしやすく、
簡単に内巻きができます。

美容師さんに聞いた話、くるくるドライヤーは、安いものでも全然問題ないようです!

わたしは、3,000円ほどのクルクルドライヤーを、かれこれ7年も使ってます(笑)。

朝のブローを終えたら、髪の水分が逃げていかないよう蓋の役割として
ヘアオイルを使用しましょう。

髪にツヤも出ますので、一石二鳥ですよ。

梅雨の時期髪の毛に縮毛矯正は必要?

必ずしも必要ではないと思います

理由としては

①お金がかかる

②一度かけたら取れない

③カラーやパーマとの同時施術が難しい

このように、縮毛矯正に対するデメリットはありますが、
髪の悩みは本人にしかわかりません。

自分の髪の悩みを生かした髪型にすることができる人もいれば、
できない人もいる。

一度、あなたの行きつけの美容師さんにも相談してみましょう。

あなたの髪の悩みにあった解決策が見つかるはず。

わたしは、キュビズムカットに出会い、縮毛矯正をやめましたけどね!

詳しくは→くせ毛は美容室でキュビズムカット?評判はどう?料金はいくらなの?

まとめ

湿気による髪の広がりやうねりは、髪の水分量が原因。

そのため、髪にしっかり水分を補給してあげてくださいね。

改善策としては、夜、髪に時間をかけてあげること。

朝、ヘアセット時間が長い方は、是非、夜に時間を費やしましょう。

縮毛矯正やストレートパーマをかけることに関しては、
あなたの髪の毛の状態を把握し、適正な判断を下しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする