メルカリで売れない理由は?どうする?処分はどうしたらいいの?

メルカリに商品を出品すると、売れた時の快感が味わえますよね。
しかし、なかなか売れない商品もあります。
そこには、売れない理由があるはず。
そこで、私の経験に基づいたメルカリで売れない理由などをご紹介しますね。

メルカリで売れない理由

まずは、まだこちらの記事を読んでいない方は、
まず、メルカリで売れる方法をチェックしてみてくださいね。
メルカリで売れる方法は?売れる時期は?出品時間は?

この記事を読んで、あなたが売れる方法を実践しているかどうか確認。
していない場合は、そこが売れない理由になっているかも。

それ以外で売れない理由をいくつかあげてみますね。


①シーズンオフ、もしくは時代遅れ

あなたが出品している商品は、現段階で使えるものですか?
例えば、コートを夏に出品してもなかなか売れませんよね。
また、その商品が流行遅れだった場合もなかなか売ることは難しいかも。


②欠陥が多すぎる

いくら中古品とは言えども、ボロボロすぎては誰も購入しませんよ
商品のメンテナンスをするなりして、
あなたが顧客の立場に立ってほしいと思える商品を出品しましょう。


③人気のないブランド

ブランドによっては、売れにくいものがあります。
例えば、プチプラブランドの服を中古品でわざわざ購入しますか?
人気のあるアイテムなら需要はあるかもしれませんが、プチプラならば、
新品を購入したほうがいいと思いません?
需要のある内は大切。

私が経験した中では、これらの理由で、メルカリで全く売れないというケースがありました。
また、メルカリの商品を見ていて、「よくも、こんなボロボロの商品を出品したな」と
思うものもありました。

大切なのは、顧客の立場になって考えること

メルカリで売れないときはどうする?

スポンサーリンク

メルカリで売れない場合、私は別のサイトにも出品します

よく使うサイトがラクマ(旧フリル)。
メルカリでその商品の需要がなくても、
ラクマで需要がある場合があります。

そのため、2つのサイトを掛け持ちすることがおすすめ。

ラクマは、女性の顧客が多い気がします。
また、なんとなくですが、常識のある顧客が多いと思います。

その他にもヤフオクなどがありますが、あなたの使いやすい出品サイトで、
掛け持ちしながら商品を販売するのもいいですよ。

その際、誤って同時に売れてしまうことのないよう、
商品説明に「ほかでも出品しているので、購入の際は、必ずコメントください」などと、
注意書きを記載するべき。

メルカリで売れないときの処分方法

それでも売れない場合は、潔く処分しましょう。
ですが、ごみに出す前に行っておきたい場所があります。

それは、リサイクルショップ

メルカリやラクマほど言い値で売れることはありませんが、
0円よりはましだということ、廃棄費用が掛からないことを考えると、
リサイクルショップは使えます。

そこでも、売れなかった場合は、
更にジモティーで近場に必要としている人がいないかもチェック。

それでもさばけなかった商品は、あなたのお住まいの地域ルールに従って、
潔くゴミに出しましょうね。

まとめ

メルカリで売れない商品にも、売れる道はあります。
最後まで諦めないで。
ただし、わざわざ数百円のために出品するのかという点では、
考え物です。

あなたの余力に応じて、メルカリなどで売るのか、
潔くゴミに出すのか、見極めてくださいね。

こちらの記事も要チェック!
断捨離コツは?簡単なやり方は?効果はどのくらいあるの?
メルカリで売れる方法は?売れる時期は?出品時間は?
ラクマとメルカリの違いは?売るならどっち?買うならどっち?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする